スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幌向ランのち天然温泉シャトレーゼ

雨予報の日曜日。

今日はトレセンでトレッドミル&エアロバイクかなと思ったら、午前中いっぱいは天気が持ちそうな予報だったので、外ランに切り替え。
自転車デビューはまたの機会にということで。

5/5の豊平川マラソン(ハーフ)にエントリーしたもので、20kmぐらいは走っておかねばと、家から約11kmの幌向駅往復。
ずーっと岩見沢で暮らしていた私にとっては「幌向」という地名は馴染み深いものなのであるが、実はこれって難読地名なのですよね(読み方は「ほろむい」)。
確かに普通「ほろむかい」って読んじゃうよな。

曇り空の下、テクテク走りましょう。
上幌向駅を過ぎたあたりから、道はひたすら真っ直ぐで殺風景。
おお、これは北海道マラソンの新川通を彷彿させる。

そう、そう、この「どこまでまっすぐ行けばいいんじゃ!」という絶望感こそが北海道マラソンの醍醐味なんだよ!

道マラ練習でこの道は使えるな。

この日は風が約10m/sと強く、往路の向かい風にはすっかりまいった(*_*)
その分、復路は楽チンだったんだけどね。


午後からは予報通り雨が降ってきたので、車で温泉でも行って暖まろう。
岩見沢近郊は日帰り温泉が豊富にあるのだが、北村や新篠津は混んでいて落ち着かないのだよな。

ということで、ちょっと穴場的な温泉へ。

P1030881.jpg


栗山にある、シャトレーゼゴルフ場に付属している温泉です。
かなり奥まったところにあるので、あまり人がいなくてよい。
ここに来るまで延々と2kmぐらい坂を上らなければならないので、自転車ではあんまり行きたくないところ。
(誰も自転車でこんなとこ来ないと思うが)


大きな地図で見る

入浴料500円を払ったら、フロントでタダ券をもらえた。
タダ券を配らなきゃならんほど、ここは人が来ないのか。

P1030887.jpg

確かに浴場に入ったら、ガラガラだ。
すいているところの大好きな人間としては、この空間はたまらないのであるが、こうしてブログで宣伝することによって人が増えるのは困る。
かと言ってガラガラのままの状態だとつぶれてしまい、もっと困ることになるので、今より2割増ぐらいの混雑具合がちょうどいいような気がする。
そんなわけで、このブログをご覧になっているすいている温泉マニアの方は、3ヶ月に1回ぐらいのペースでここに足を運んでいただければと思います。

ゴルフ場併設の施設だけあって、建物は立派できれい。
洗面所や休憩室などのアメニティもそこそこよい。
これで500円はなかなか良心的な値段ではないだろうか。

休憩所でドデカミンストロングを飲みながらジャイアンツ戦を見る。
(写真を撮っているときはCM中だった)

P1030883.jpg


予想はしていたことだが、ジャイアンツが強すぎて面白くないね。
監督を堀内にするとか、クローザーに独立リーグから木田を呼び寄せるとかハンデをつけないと、オールスター前に優勝が決まってしらけてしまうぜよ。

温泉の名前通り、お菓子屋の「シャトレーゼ」も併設されているので、アイスを買ってうまー。
南空知は日帰り温泉が多くて、そんでもって札幌圏に近いためか芋洗い状態のところが多いのだけど、ここは穴場のおすすめ温泉でっせ。
車以外で行くことはほぼ不可能だけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんなとこ出来てたんですね。
「北海道は掘れば必ず温泉が出る。問題はどこまで掘ればいいのかわからないということ」と聞いたことがありますが、ウソじゃなさそうです。
いつか行く機会があるかなぁ?
ちなみに泉質フェチな私は、たとえ芋洗いであっても源泉賭け流しの北村が大好きです。

施設自体は結構前からあった記憶がありますが、やはり知る人ぞ知るレベルのところなんですよね。
1500mも掘ればそれは温泉のひとつも出てくるだろうという感じです。

源泉かけ流しといえば「きたひやま温泉ホテル」はよかったなあ。
もう、ほとんど行くことはないのでしょうが。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。