スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果たして私は自転車で何がしたいのだろうか

最近、私は自転車で何がしたいのか、ますますわからなくなってきた。

MTBを買って、「よーしオフロードだ!MTBレースも視野に入れてやろうかな」などと思っていたが、近所にフィールドが乏しく、公園をちまちま走ることに早くも飽きてきた。
土手上りチャレンジも、最初のうちは面白かったのだが、次第に「こんなことができたところで、人生何の得があるんだろう」と哲学的思考にふけ入り、結局、ただの街乗りバイクと化しつつある今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

かと言って、自転車トランポして山サイってのもめんどくさいのよね。
何でわざわざ自転車を車に積んでまで山に行かんきゃならんのか。
むしろ、山の方からウチの目の前まで来いと言いたくなる。
自転車の魅力は、家の前からすぐ走れるということなのだよ。
そんなめんどくさいことまでして、山なんか行きたくないぞ。


んじゃあ、MTBをツーリングバイクにして、テント積んで旅に出ようぜ!なんて選択肢もあるが、私にはアウトドアサバイバル生活の資質はゼロだ。
テントは張れないし(そもそも持ってもいない)、火は起こせないし、虫嫌いだし、暗闇の中で一人で寝るの怖いし、そういうことは誰か他の人がやってくれるので、アウトドアの達人に任せよう。
わざわざ私がすることではないのである。


ロードの方は、すっかり何がやりたいかわからなくなってきた。
はっきり言って、もうブルベには全く興味がない。
ああいう自由度の少ないイベントは私には向いていないと思う。

ヒルクラ路線も、バイクの軽量化に命をかけるようなめんどくさく、かつ、金のかかることはしたくないし、何か違うなあと。
家の目の前に丁未峠があったら、また違った考えになるのかもしれないが、あんな不便なところには住みたくない。


行き詰まり感を感じつつある今日このごろ、いっそ、こういう路線に走ってみるのもありかなあと。

P1040565.jpg

何となく図書館で借りてみたが、「冷やし中華はじめました」的な軽いノリでトライアスロンをはじめているところがいい。
トライアスロンもアイアンマンレースだったら、スイム3.8km、自転車180kmをこなした後に、とどめのフルマラソンが待っているという「こんなもの人間のやるもんじゃねえ」レースなのである。
しかし、オリンピックディスタンスだったら、スイム1.5km、自転車40km、ラン10kmと、後半2つに関しては今の私でも十分できる内容であって、フルマラソンよりも楽チンだし、なんか「トライアスリート」って、ランだけ、自転車だけに比べるとかっこいいんじゃないかという気がする。

店主Aさんが「タルタルーガでデュアスロン」なんてことを以前やっていたが、私も小径車でそういった酔狂なことをやってみたいものだね。


しかし、私にとって現時点での最大の問題は、25mまでしか連続で泳ぐことができず、とても1.5kmも泳げそうにないということだった。
スイムが15mだったら挑戦してもいいんだけどねえ。


トライアスリートへの道は果てしなく遠い。
スイムの代わりに、あやとりとか暗算とか、そういう種目にならないものか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いいなぁ・・・
私はランが致命的な牛歩なんで
そこを「折り紙で動植物100作品折る」にシフトチェンジしてくれたらリタイヤはしないかも。
スイムは下腹の浮力を活かして背泳ぎで・・・。

スイムの代わりに、けん玉希望。

自分は自転車でやりたいことが多すぎて、「どれが本当に一番したいのか」を近頃よく考えます。

ランを始めたあたりから、3種目制覇はうっすらとは考えていましたし、ひっそりとプール通いをしていた時期もあったのですが、まるで泳げるようになれる気配なしなのですよね。
やっぱり、こういうのは人に習わないとダメなものなのでしょうかね。
独学好きの私としては、我流でそれなりのところまではできるようになりたいものですが。

トライアスロンのように「万能選手」を標榜する大会であれば「折り紙」など手先の器用さを競ったり、「弁論大会」のように口の達者な奴が最後には勝つなんて切り口があってもいいと思いますね
まあ、私はどっちもダメなのですが。

>masaさん

私の場合はスイムの代わりに「ルービックキューブ」でも可です。

自転車は最近どうもすべての面で中途半端な気がしまして、どっかに特化したいところもあるのですが、そこまでの踏ん切りはつかず、結局のところ「自由に小径車で遊ぶ」のが一番私には合っているのかなあと思ったりします。

私は身近な景色をもっとよりよく見て楽しむために乗っています
歳と共に難しくなる健康維持(体力維持)
車の代わりに自転車があれば生活できるし、プチ旅もできる

「遊ぶ」という目的だけでも十分な理由ですが
遊ぶだけなら自転車は常に必要は無いし、無くてもいい
「生活」が目的ならママチャリのほうがいい

あまり難しく考えずに・・
そこに自転車があるから乗る!
気晴らしとストレス開放のために乗る!
っていう理由ではダメ?かな

MTBはオフロードを走るためのものを自動車に積んで移動することに矛盾を感じたりします
もちろん自走してもいいわけですが楽しくありません

自転車で何がしたいというより、

自転車が好きだから

じゃ駄目なのでしょうか?私は単純なのでこれで良いのです

たまには一緒に走りましょ~♪

やっぱり、ごしさんには、アレしかないと思うのですよ。
サ・イ・コ・ロ♪
お盆過ぎたら、やろうかなとは思ってますぞい(笑)。

私はあれこれ考えたり、考えすぎたりするのがゴシさんの魅力だと思ってます。

自転車って、何も考えないで乗ってたら面白くもなんともないと思うんですよ。

そういう意味では私も色々考えてます。
もっとも幸か不幸か、最近の私はわりと傾向性がでてきましたが(ナニにもなりたくないと云ってたくせに)。

考えに考えたあげく、向いてないと結論づけたブルベにもう一度でたりとか(それも600kmとか)、そういうのも面白いと思います。

>k98brさん

マンネリ化しているのでしょうかね。
どうも最近自転車に乗っていてトキメキを感じることがないのですよ。
私は経験したことがないのであれですが、倦怠期を迎えた夫婦のような、そんな感じ。

「上手に」乗ろうという気持ちが強すぎるのですかねえ?
気晴らしに乗ったつもりが、逆にどよーんとした気分になったり。
(今月初めの手稲山アタックは正にそんな感じでした)

まあ、ニセコを最後に道マラまで自転車は封印しますので、その期間に自転車欲がまたふつふつと湧いてくるのかもしれません。

>S!さん

>自転車が好きだから

あ、私、自転車好きなんだろうか?
実は自転車嫌いになっているのかもしれないですかね。

思わずはっとするような言葉をいただき、ありがとうございました。
自転車愛が復活するまでほっとくというのも、一つの選択肢なのかもしれません。

>easyさん

久々のコメントありがとうございます。
そうか、サイコロがありましたか!
是非、岩見沢方面を振り当てて、合流できれば思っていますので、そのときはよろしくお願いします。

>コソさん

多分、私も何にも分類されない「変な」自転車乗りを目指したいのでしょうけれども、その「変な」方向がよくわからないのですよね。

自分の昔のブログをたまーに読み返したりしますが、あのころは坂は平気で押しを入れていましたし、ロードでもAve20km/hぐらいでしたし、パンク修理にアホみたいに時間がかかったりと色々ありましたが、当時は自転車に乗ること自体に「トキメキ」を感じていたのですよね。
それこそ、気温一桁でも、真夏でも、小雨でも、夜でも全然苦にならなかったです。

いつから「かくあるべし」と窮屈な自転車乗りになってしまったのか。
自転車のスキル向上が、必ずしも自転車生活の充実につながらないのではないかと、最近思ったりしています。

やっぱり雨が降ったり仕事で遅くなったり、乗れない走れない状況に追い込まれると猛烈に欲求が高まりますよね。これがいざ行けるとなるとやれ風が暑さが体調がと言い始めるのですが(^^;;
ともあれニセコです、ごしさん!
千歳以来抱き続けているモヤモヤを晴らすべく、ぜひともお会いしなければならないと考えておるのですが…、迷惑?

あまり練習に身が入らないまま、ニセコを迎えることになってしまいましたね。

是非、ニセコでお会いできることを楽しみにしていますが、yosiさんが本当にお会いしたいのは私ではないことは重々承知しております。
当日は会場では、できるだけ単独行動を心がけ、隙を見せないようにコソコソするようにし、yosiさんのモヤモヤを晴らさないように努力していきたいと思います。

文面拝読しますに、「わからないなりにのた打ち回った結果得られる充足感」に飢えてらっしゃるんですね。そうなったときの処方箋として、私が使っているのは、機材のグレードをどんどん落として行って、人間がすることを増やしていくことです。キャリーミーで旭川に行ったり、固定ギアで手稲山に上ったり、固定ギアで野幌森林公園オフロードしたり、、。結果、自転車運動の何たるかに思いが至りものすごく充実しているつもりです。今度キャリーミーで手稲山に登ろうか、、、と計画しています(笑)。

まずは、ブロンプトンに青レンジャーで、美幌デュアスロンに出てみましょう!20インチで出れましたから16インチでもオッケーだと思います。

機材のグレートを落とすというのは、原点に戻るという意味では私もいいアイデアだと思っています。
久々にMTBに乗ってみて、「コンポブレーキはせめてDEORE以上じゃないと」と思っていましたが、テクトロやスラムでも全然問題なく乗りやすいじゃないかと。
自転車で一番大事なのはサイズや乗り方なのだなあと、しみじみ思ったわけであります。

ひとまず「やまめポジション」の自分なりの完成形を目指していきたいものですね。
これがクリアできれば、美幌でブロンプトンを使っても制限時間内で行けると思います。
ビンディングシューズ使わなければ、トランジッションも楽ですし、方向性としてはありですね。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。