スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランもぼちぼちやっています

千歳で念願のサブフォーを果たし、ランについては抜け殻状態になっていたのですが、道マラの案内も来たことだし、いい加減本気出さなきゃなと。

P1040563.jpg

気がつけば、北海道マラソンまでちょうど一ヶ月となったわけで。
雨だったので、体育館で20kmランを敢行。

本気で走って2時間切りがやっと。
ランは「練習が結果に出る」というのは本当で、ちょっとサボるとすぐ走れなくなるのう。
4月、5月の絶好調時の勢いはどこへ行ったのだろうか。
ちなみに今月の走行距離は、まだ100kmも行ってないわけで。

北海道マラソンがあると、ランの練習をしなくてはならず、その分自転車に乗れなくなる。
大体、私がランの練習を始めたのは、自転車のオフトレが目的であったので、これでは本末転倒なのではないか。
ランは春先の大会でやめて、その後は自転車に全力投球すればいいのだろうけどね。

去年もおととしも、「道マラなど参加するんじゃなかった」とこの時期は思ってしまうのだが、それでも実際に走ると「また来年も」と思ってしまうのだよな。
うん、道マラだけは、他の道内のマラソン大会とは別格だ。
何がどう別格なのかは、現在、鋭意調査中であり、調査結果の報告を待たれたい。


ランは自転車に比べて、「さあ、やろう!」と思ってから、始めるまでのエネルギーが大きい。
とてつもなく大きすぎる。

それでもランは、孤独を楽しむにはいい遊びなのさ。
特に体育館で走っているとき、アリーナでバトミントンなんかしているリア充どもがいるときは最高。
ひたすら「俺は何やってんだ?」と孤独を味わえる。
自転車だと誘惑や刺激が多すぎて、思考が散乱するのさ。

だからランはやめられない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まったくの部外者でも、道マラだけは別格というのはなんとく理解できる気がします。
北海道市民ランナーのオリンピックって感じがしますね。

同じ北海道市民レーサーののオリンピックである「ツールド北海道」には全く食指は働かないのですがね。
なぜか道マラには惹かれてしまうのですよね。

北海道マラソン、あの別格さは何なんだろう。
何年か前にごし氏を(たまたま)応援したとき、走ってる姿見て涙出てきたんだよな。
不思議だよね。見てるほうにもなにか迫るものがあるよ。

そ、そうなのか、涙が出てくるものなのか。
お祭り的なイベントなんだけど、きちんと練習しないと足切りされるという微妙なバランスがいいと思うのだよね。
いつかは東京マラソンにも出てみたいので、そのときは応援よろしくお願いします。

いよいよ近づいてきましたね!
自分にとってはランに興味を持って初めて迎える道マラです、今年は応援ですが出場するランナー並みにドキドキ楽しみにしています(^o^)
ときにランナー目線での応援スポット教えていただけますか(ここキツイから応援欲しいとか、ここ見つけやすいとか)? 当日は自転車で待ち伏せ&追走するつもりですが…、迷惑?

ようやくランの練習も本腰が入りつつあり、今年もこの季節が来たのだなあとワクワクしてきます。
「シティマラソンズ(三浦しをん・あさのあつこ・近藤史恵)」なんて事前に読んでおきますと、道マラの熱い感じが伝わってくるのではないかと思います。

えー、応援スポットですが、基本どこ行っても大混雑で応援を楽しめるとは思いますが、人のいないところでまったり応援したいのであれば、前田森林公園以北の折り返し地点辺りをオススメいたします。

チーム「かっぱちゃん」に対する応援、よろしくお願いしますm(_ _)m
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。