スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年富良野グレートアース参加記

P1040349.jpg


いいイベントだと思いますよ。

コースは脚力に応じてレベル分けがされていますし、エイドの食べ物はよかったですし、景色も最高で、コース誘導も完璧で、メカトラブル時のサポートもしっかりしている。
(唯一の不満点はスタート時の大渋滞。市街地外せるコースにならないものかしら)
サイクルイベントが初めてという方でも、安心して参加できるいいイベントだと思います。

でも、でも…ですね。

どうも、うまく言えないのですが、「主催者の敷いたレールの上にただ乗っかっているだけ」という感じがいたしまして。
私の嫌いな「ツアーパック旅行」のように、そこには最大公約数的な満足感はあるが、意外性に欠けるというか、新たな発見がないというか、未知との遭遇がないと言うか。
今回が2回目の参加だから、それが余計目につくのかもしれませんが。

いや、ホント、これが北海道って感じの食い物が出てきて、それはそれでよかったのですよ。

P1040359.jpg

P1040361.jpg

いかにも北海道という感じの雄大な風景もよかったんですよ。

P1040373.jpg

P1040383.jpg

でも、何か違うのですよね。
冒険心をくすぐられないというか、私がこんなゆるいことをしていてはダメだというか。

そうだ、私はもっとひどい目に遭わなくてはいけないのだ!

(どうしてそういう発想になる?)

まあ、それはさておき、私の方でも今回の大会への心構えが中途半端だったですね。
ただ「ラクをしたいから」という理由でロードを使ってはいけません。
ロードを使うなら、シャカリキに漕がんきゃつまらないのです。
まったり行きたいのであれば、ブロンプトンを使うべきだったかと。
(まあ、第二エイド過ぎた辺りから「これ違うな」と思って、シャカリキモードに切り替えましたが、こういうイベントにシャカリキモードは似合わないなと)

いつもなら、事細かに書くのですが、どうも今回は気力・体力の限界を感じましたので、今宵はここまでにしとうございます。
大会中、声をかけて下さった皆様、主催者の皆様、ありがとうございました。
また、どこかでお会いできることがありましたら、その時もよろしくお願いします。


《以下、ひとり言》
・今回の先導ライダーは竹谷賢二さんだったのね。前の方に並んで、先頭グループで走ればよかった。こういう人と走れることなんてめったにないわけだから。
・エイドにバイクラックが設置されていたのはすごくよかった。
・「ここにおいしい水がありますよー」と案内されたはいいが、ダート道を行かなきゃならんのは、いくら短距離とは言えどもロードでは嫌だ。実際、スルーした人多かったし。
・来週の「TOUR OF KAMUI ルスツ大会」に向けての特訓「アウター縛り登坂」は、今回をもって終了させていただきます。待っていろ、パノラマライン、18%激坂。
・こういう大会は「ブロンプトン+仮装」にすべきだったと思う。

《サイコン記録》

走行距離 113.65km
平均速度 25.4km/h
最高速度 57.7km/h
走行時間 4時間28分35秒
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リクエスト

4時間半とか・・・・速っ。
青レンジャーorリラックマが見たかったです。
大仏は危ないので無しの方向で。

うん言っていること、よ~くわかります。でも参加した方のSNS上での感想を読んでいると、こういうイベントの方がある意味一般受けはしやすいのかなと。もしかしたら我々は少数派なのかも。
でもごしさん以外の僕の知り合いも、どっちかというと「イベント会社がやってるっていう感じが強いよねえ」という人が多かったです。コース設定なんかも地元のサイクリストの意見を入れたら、もっとずっと良いものが出来る気がするんですが。
竹谷さんと走るのは、きつかったけど楽しかったですよ~!

 参加なさっていると思っていなかったので、BlueのGIOSとゼッケンのネームを見たときには驚きました。
坂道をフロント・アウターのまま駆け上っていく姿にシビレました。普段から鍛えている人との違いを感じました。

>タッチさん

この手のイベントは徹底的に楽しむ方向で行った方がよかったですね。
制限時間もそんなにキツくないですし。
(と言いながら、当初予定されていたチェックポイント到達制限時間だと、足切り喰らう時間でした。全然速くありません)

サイクルイベントはランと違って速度が出ますので、仮装するにも安全性を重視した格好をしなくていけませんね。
(リラックマは後方視認性がイマイチでしたので、封印の方向で)
美瑛ではもっと目立てるように頑張ります!

>masaさん

走り重視で先頭集団に食らいついていったら、また違った感想になったと思いますが、とにかく昨日はスタート渋滞でやる気を喪失してしまいました。

「イベント会社がやってる」って感覚はよくわかりますね。
オホーツクサイクリングは地域に根ざしたイベントって気がしますが、富良野は企業色が強いなあと。
(美瑛もどっちかと言えば、企業色が強いですかね)
まあ、どっちがいいかというのは、その人の価値観の問題と思いますが。

ただ、富良野はさすがに北海道の真ん中だけあって、札幌圏のみならず、道北、道東からもアクセスしやすい。
でもって、1日だけのイベントですので、私のように土日休みじゃない人でも参加できる。
エイドやサポートはいたれりつくせりで、自転車イベントは初めてという方も安心して参加できる。
なんてことで、参加者も年々増えているのでしょうね。
2年前の参加者は、今回の2/3ぐらいだったような気がしました。

富良野も近いうちにオホサイの参加者超えるんじゃないでしょうかね。
私の個人的な好みは別にして、こういうイベントは「伸びる」イベントのような気がします。
自転車イベント未経験者で、「何かサイクリングイベントに出たいなあ」という人がいましたら、私は間違いなく富良野を推します。

>yamaさん

今回はyamaさんいるんだろうなあ、でも、人数多いし見つからないだろうなあと思っていたら、まさかの遭遇!
お声をかけてくださりありがとうございました。
(私は声をかけられるまで、まるで気づかなかったです。失礼しました)

あのときは、yamaさんに無様な走りは見せられない!とゴリゴリ走っていましたが、実はそこで脚を使いまくり、その後、麓郷への坂で思いっきりへたれていました。
(それでも意地で50-23Tで逝ってましたが)

今度、お会いできるのは美瑛でしょうか?
私は今のところ日曜だけ参加の予定ですが、また、お会いできることを楽しみにしています!

ふむふむなるほど、とても参考になります。

僕はどうしても立場上(?)、美瑛センチュリーの参加者がもっと増えたら良いなあと思っているので、何名かの知人が「富良野はいいよ~!」と言っていたので、参考までにと思っての出場でした。

確かプレを除けば4回目で、150名→300名→600名と昨年まで倍々ゲームで増えてきて、今年はさすがに倍とはいかないまでも、750名ぐらいだったようです。

確かに初心者の方や、みんなで楽しく走るという意味では、しっかり運営されていてとても良い大会だと思いました。
個人的に一番気になったのはコース設定です。短いコースはあれで良いと思いますが、長いコースはどうせ上富良野や美瑛を通るなら、もうちょっとなんとかなりそうな気がします。特に美瑛はただ「美瑛も走りますよ」と言うために通っているようなルートのような気がしたのは考え過ぎかなあ…
地元富良野のサイクリストの意見を取り入れてコースを変えれば、スタート時の大渋滞も無くせるはずだしもっともっと良い大会になるはず。
美瑛と富良野、両方とももっと盛り上がっていけるといいなあ。

長々失礼しましたm(__)m


ブログでははじめまして

> ごしさん
冒険、確かに何が起こるか解らなかったり、限界にチャレンジしたりといった非日常的なものはありませんでしたねー。とはいえ、はじめて参加するイベントでエクストリームなマップリーディングを強制させるのも問題とは思いますが(笑)

自分は富良野初参加だったので本当は観光ライドを予定していた(なので朝走っていたり、前日ヒルクラしたり)んですが、最後まで先頭集団で走ってました。結果として凄く良い経験が出来たので大満足だったりします。

> masaさん
途中まで先頭集団で一緒に走っていたようですね。うちのブログにkabaさんが書いていました。
留萌300の時も青山の手前でコーラ休憩したりと何かと遭遇しているようです。また、どこかのイベントでお目にかかったらよろしくお願いします!

>masaさん

地元民ではない私としては、「コース設定はそこそこ坂もあるし、こんなものか」と思うのですが、やはり地元民としては「ここを走ればもっと面白くなる!」というのがあるのでしょうね。

ちなみに私が初サイクルイベントに美瑛じゃなくて、なぜ富良野を推すかと言いますと、「平地と坂がバランスよく配置されたコース」にあります。
美瑛だと平らなところがほとんどないので、ちょっとコースとしては特殊かも?と。
その辺りは人それぞれの価値観と思いますが。

理想は富良野と美瑛が一体となった、地域に根ざしたサイクルイベントになることですね。
オホーツクサイクリングは、コースはある程度走れる人にとっては物足りないし、アクセスも不便だし、日程も3日取られるのは痛いしと欠点があるのですが、それでも私は「地域に根ざした」イベントという意味で大好きなのです。
うまく説明はできませんが、「地元のお祭り」的雰囲気があるのですよね。
お祭りのワクワク感があるのです。

それに比べると、富良野は完成度が高いのですが、子供のころに感じた「お祭りのワクワク感」がちょっと薄い、「キレイで洗練された」イベントのように思えるのですよね。
もうちょっと、いい意味での「田舎臭さ」を出してもいいような気がします。

こちらこそ、長々と失礼いたしました。

>SHUJIさん

こちらでは初めまして、コメントありがとうございます。

私も最初は「観光ライド」と決め込み、後方からスタートし、超まったりモードだったのですが、途中で我慢できなくなり「えーい、行っちゃえ!」とほぼソロでシャカリキモード。
前週の深川と同じような感じになってしまいました。
すれ違った先頭集団を見て「ああ、こっちに混ざればよかったか」と。
ゆっくり行きたいときはロード使うものじゃないですね。

途中で知り合いにも会えたし、一緒に行動すればもうちょっと違った楽しみがあったのでしょうが、ほら、そこは、こういうブログタイトルですし(笑)。

SHUJIさんは、つぶやきを拝見すると、かなり精力的に乗り込まれているようで、こちらも刺激になります。
今週末の雄武のご健闘をお祈りします!

やっぱり、出てたんですね。。私も出てました。。
今年はお金を払ってまでイベントやレースには出ない。。イベントは不思議で創る。。と思っていましたが。。。ははは。。
人の心も変わるものですね。。^^;
kanaさんが、ごしさんいるはずだと言うので、エイドステーション毎にキョロキョロ探したのですが、、見つけられませんでした。
前の方走ってたんですね。。すれ違う場面でも気づかなかった。。

ありゃりゃりゃ、絶対にいらっしゃらないと思っていたのですが、密かに参加されていたのですか。
ご一緒できれば、また違った感想になったかもしれなかったですのに、私もmasaさんも14時には撤収しちゃいましたからね。
美瑛でもひっそりいらっしゃったなんて展開を期待しております。

^^伝助には、ちゃんと参加表明してましたよ。。^^
村の公人としての勤めですから。。(笑)

さては、ごしさん、週一で伝助見てないな~?!(笑)
6/30の美瑛(やまめ)なら行きます。。^^

伝助…、申し訳ありません、最近全く見ておりません。

いや、どうせ私が参加できるものはないだろうと、全くチェックしていなかったのですよね。
7月は少し日曜の過ごし方に余裕ができますので、伝助チェックさせていただきます。

大変失礼しましたm(_ _)m
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。