スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそもどうして29erMTBが欲しいと思ったのか(その1)

ロードとブロンプトンの隙間を埋める自転車はずっと欲しいと思っていたんです。
一時期はタルタルーガが本気で欲しいと思った時期もありました。

でも、タルタルーガは非日常を味わうような自転車だと思うのですよ。
ホテル利用した3泊4日ぐらいの旅行を走りメインで楽しむような、そんな自転車。
基本的に連休というものが発生しない今の環境において、非日常的な自転車が増えても仕方ないかなあと。
ロードもブロンプトンも、どっちかと言えば「非日常」系の自転車だし。

なのでね、日常の中で使える自転車が欲しかったわけ。
原点に返って、街乗りクロスを増やしてみるか。
去年MTBを手放したにも関わらず、29erMTBをクロスっぽく使ってみるか。
でも、やっぱり自転車に乗るからには、現実からの逃避である「非日常」の世界も味わいたいわけだし。


となると、テーマとしては

いかに日常の短時間短距離で、「非日常」を体験できるか。


で、結局、私の心をとらえたのは、コソさんのブログにあった、このお言葉である。

しかしそれでも固定ギアは面白いわ。
本当面白い。
平地ではスピードを出して手ブレーキを使うより、ゆっくり走って足だけで止まるように遊んでる。その方が面白いから。
ゆっくり走った方が面白いというところも、俺に合ってるなぁーと思う所以。
その走行フィーリングの濃さゆえに、仕事前に一時間走っただけで一日終わった気持ちになりますよ。



これだ、これなんだ!
私が求めていたのは、走行フィーリングの濃さなのだ!
1時間走ったらもうお腹いっぱいという、この時間効率のよさ。
自転車に乗る時間が限られている私にとって、ただ自転車に乗るだけではなく、濃度を深めていく時期が来たようだ。

その濃度を求めた結果、コソさんは固定ギアに行き着き、私は29erに行き着いたのである。
去年までのMTBはスリックオンロードで使っていたが、こいつはオフロードメインで濃い体験をたくさん味あわせてやりたい。

P1040346.jpg


早朝の30分、4km、Ave9km/hで満足できる29er、最高です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私としては複雑な心境で読ませてもらいました
もらったMTBは日常と冬場トレーニングで使っています
街中は凸凹が多いのでオンロードタイヤMTBで走るにはちょうど良い!と
思っています
大切に使わせて頂いております

本来の使い方はオフロード走って泥んこまみれ!が爽快なのでしょうが・・
オンロードMTBは私にはぴったりなのです!

ごしさんのMTB室内保管は辛いかもしれませんね
泥まみれのオフロードタイヤMTBは水洗いしないかぎり
泥が落ちづらいしね・・。
ここが苦になってくると・・また二の舞になるのかな?

新しい相棒を末永く乗ってくださいね!

オフロードの世界はまるで興味がなかったのですが、自由度が増したようで面白いですね。
家から半径2km以内で、それなりに遊べるところがあるのもいいです。

ただ、懸念事項はk98brさんもおっしゃられるように、保管と掃除なのですよね。
ブロックタイヤは、泥全然落ちませんね。
コイン洗車場使いたい心境になります。
また、車体が大きいために家に入れるのも一苦労というところです。
車載は私のコンパクトカーだと、前後輪外さないと無理そうですね。

こうした「面倒なこと」を乗り越える「楽しみ」を見つけていき、長~く乗り込んでいきたいと思います!

おおっと、名前を出して頂いているというのに、すっかり遅コメになってしまった。

濃度、

大事ですよねぇ。

固定がきてから私の自転車生活には精神的な余裕がうまれました。
選ぶ自転車は違いましたが、ゴシさんの記事からも同じような感じを受けましたよ。

こちらこそ、コメントいただいたのに気づかず、失礼しました。

久しぶりに、無目的に自転車にまたがっているのが楽しいと感じる今日このごろ。

旅自転車もいいですが、日常生活を豊かにする自転車も大切です。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。