スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOUR OF KAMUI ルスツ大会 コース視察(その2)

その1

しばらく間があいてしまいましたが、「TOUR OF KAMUI ルスツ大会」のコース紹介のつづきです。
いよいよここから山岳コースに入ってきますわよ!

道道343号線に入ったのも束の間、ニセコと花園の分かれ道を右に進みます(42.2km地点)。

P1040216.jpg

こっから道も狭くなって、いよいよ山道に入っていくのだなあと気分が高まります。

P1040217.jpg

で、突き当りを右へ行きましょう(45.9km地点)。

P1040218.jpg

ここの「止まれ」は道なりに右へ(46.3km地点)。

P1040219.jpg

また突き当たりがあるので、そこを今度は左に行きます(47.3km地点)。

P1040220.jpg

こっから道道58号線に入り、ニセコHANAZONOヒルクライム大会でも使われる道になります。

最初のうちは、そんなに斜度はキツくないし、楽勝なんじゃないかと、車の運転席から気軽に眺めていましたが。

P1040221.jpg

だんだんキツくなっていくのね。しかも距離が長い。

P1040222.jpg

この山道を単独でクロスバイクを押して歩いている若い女性がいましたが、彼女もニセコヒルクライムに出るのかしら。

で、倶知安とニセコの町境でてっぺんです。
6月の頭だというのに、この雪はどういうことなんだ。

P1040224.jpg

今年は私もニセコのヒルクライム、出ようかしらと思ってますので、TOUR OF KAMUIはちょうどいい試走になりそうですね。
てっぺんからちょっと先に行った五色温泉あたりが第二エイドになります。

さあ、ここまで上ったらひたすらダウンヒルさ。
一気に下ってやるぜ!
ここからの景色は最高だったなあ。
(なぜか写真に撮ってない)

で、豪快なダウンヒルを楽しんだ後、本来でしたら突き当りを右に曲がって、またヒルクライムが待っています(61.3km地点)。

P1040225.jpg

しかし、この日は雪崩の恐れがあるため通行止め。
(現在はもう通行できるようになっています)

P1040226.jpg

ということで、本当ならば更にこっから4.5kmぐらい上って、また4.5kmぐらい下りて、折り返しとなるのですが、今日のところは通れないので、その部分は割愛して、さっきのT字路を左に曲がり、ニセコへと向かいます。

こっからはひたすら下りですね。
恐らくこっからのニセコまでの下りが、今回のコースで一番気持ちのよいところなのではないでしょうか。

ひたすら道道66号線を走りましょう。
この分岐は左です(86.0km地点)。

P1040227.jpg

道なりに果てしなくまっすぐ進みます。
とにかく看板の「66」という数字に従って、ひたすらニセコ市街まで行っちゃいます。
途中ニセコの道の駅のあたりで第三エイドになります。

ニセコの市街地を過ぎ、国道5号線を超えると、真狩と三ノ原の分岐がありますので、ここは右の三ノ原方面へと進みます(97.1km地点)。

P1040228.jpg

こっから8kmほど道なりに進み、「真狩市街」と書かれた看板のところで、左折しましょう(105.2km地点)。

P1040229.jpg

再び真狩市街へと戻ります。
どこかで見覚えのある交差点が出てきまして、そのまま真っ直ぐルスツへと戻りたい気持ちは山々ですが、ここは勇気を持って右に曲がり、更なる激坂コースに備えましょう(109.0km地点)。

P1040230.jpg

激坂コースに備え、スパーで補給しておくのもいいかもしれません。

P1040231.jpg

次回、「18%の激坂」の全貌が明らかになる。

(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あーあーあー、まずいぞまずいぞ。 ホームのアドバンテージが。
こんなに詳細ではアウェイの剛脚さんにミスコースハンデをいただけないじゃありませんか(涙w)
むむ、かくなる上はこのルートにプラスして、ちょっと寄るだけ、ちょっと足を伸ばすだけでオイシイ店とかマブイ眺めとかたまらん温泉とか癒しの宿とかMAPを作成して誘惑しますか。
いやそんなメンドクサイことはオイラにはムリだ。

ゴシさんのやさしさには頭が下がります。

ホームのアドバンテージをつぶしてしまい申し訳ありません。
ですが、勝手知ったるコース、力の入れ具合をご存知のDENZIさんの優位は揺るがないですよ。

一方の私は、車で回った感じ、ミスコースなしでも制限時間内に到達できれば御の字という感じですね。
パノラマラインでいかに体力を温存できるかが、鍵を握りそうです。

当日はよろしくお願いします。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。