スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年千歳JAL国際マラソンに向けて(装備編)

何度かこのブログに書いてるように、今回はサブフォー狙いで行きます。
記録狙いで行くなら「洞爺湖マラソン」の方がアップダウンとかがあんまりなくて条件いいんだけれどね。
アクセスのしやすさと、過去2回参加したことがあるという経験を生かせればと、あえて千歳をチョイスしました。

■ やっぱりランにはランウェアを着よう

2011、2012年の北海道マラソンでは「背中のポケットが便利」という理由から、サイクルウェアで走った。
別にサイクルウェアで不自由だってことはあんまりなかったんだが、強いてあげれば、胸から首にかけてちょっと窮屈な感じがしたのだね。
サイクルウェアは構造上、えんび服のように背中が長い。
そんで、背中にサプリをドカドカ入れて、背中のポケットが重くなったので、どうしても前が引っ張られる感じがする。
モノを入れやすいという点ではサイクルウェアをランで使うのはいいのかもしれないが、今回は走りやすさを重視したいので、ラン用のウェアを着ることにします。

■ アームポーチは使えない

サイクルウェアを廃止して、荷物の積載能力が落ちると思い、アームポーチを買ってみた。

P1040178.jpg


基本的に、音楽を聴くためにiPodやウォークマンを入れる用途に使われるようだが、サプリ系なら十分この大きさでも入るので、ちょっとこれをつけて走ってみた。

《結果》
800mで無理!

やっぱり、左右で腕の重さが違うのは走りにくいわ。
アームポーチつけた側の締め付け感が不快この上ない。
悪いがアームポーチには、今回はお引き取り願おう。
本番前に試してみてよかった。

■ ポケット付きのランパンをはけばいいのか

P1040177.jpg


何でこんな簡単なことに気づかなかったのか。
これなら左右均等に入れることができるし、サプリぐらいの大きさのものだったら、そんなに揺れも気にならんだろう。
ポケット付きということであれば、普段使っているGUのハーフパンツでもいいんだが、ほら、そこは「いかにも走るぞ!」って雰囲気出したいじゃん。

■ ボトル付きのウエストポーチは使います

道マラに比べて給水所の混雑も少ないだろうし、気温的にも脱水症状が気になるところまで上がらないと思うので、おとなしく給水所の水だけですませばいいような気もする。
ただ、2年前にこの大会に出たとき、5kmの給水所でコップが足りない事件があって、結局、知らないおばはんが使った紙コップの水を飲んで「何だかなあ」という気分になったので、水は持って走ろうと。
ただ、道マラのようにボトル満タンにすることもないだろう。
OS-1を200mlぐらい持っていけばいいかなと。


経口補水液 OS-1(オーエスワン) 500ml経口補水液 OS-1(オーエスワン) 500ml
()
OS-1(オーエスワン)

商品詳細を見る


■ タイツははきます

予報では千歳地方は最高気温が19℃とそんなに高くなく、かつ森林の中を走るので木陰が多いということで、暑くてやってられんということはないでしょう。
膝下までサポートしてくれるタイツをはくことにします。
アルペンオリジナルブランドのタイツ、はいた感じはユニクロのと大して変わらんじゃないかという気もするが(一応、ユニクロの倍ぐらいの価格はします)、まあ、その辺も雰囲気だ。
もし効果がなかったら、念願のCW-Xの購入を考えよう。

■ シューズは薄底で

私の持ってるシューズはadizero mana5(外用薄底)、adizero Boston(室内用厚底)の二足である。
当然外のレースの訳だからmana5を選択したいところだが、砂利道が多い千歳のコースでは、mana5のように薄底シューズだと小石が気になるかなあと。
実際、2年前、超厚底シューズで走ったときも足裏の小石の食い込みは気になったし。

ただ、それを差し引いても30km過ぎのアスファルトに入ってから勝負をかけたいので、今回は砂利を我慢して薄底シューズで臨みたいと思う。
シューズの分はソックスやデーピングでカバーすれば何とかなるだろうと。
2年前はシューズのせいにするわけじゃないが、アスファルト部分に入ってからの足の重たさがハンパじゃなかったので、せめて軽いシューズで少しでもラクに走れればと。

■ SEVはおまじない代わり

効果があるのかどうかはわかんないけど、あって邪魔になるものじゃないので、気休めに使います。
たくさん使って元を取らねば。

■ ニューハレVテープは定番

P1040181.jpg

これはあるとないとでは全然違うと思う。
軸が安定するというか、ブレがなくなるというか。
どこも故障していない状態であろうが、とにかくフルマラソン必須のアイテムだと思う。
400ブルベのときも、こいつは大活躍しました。

■ アミノバイタルPROを注入

普段使い用のトップバリュサプリはやめて、勝負用のアミノバイタルPROで行きましょう。


アミノバイタル プロ 3600 14本入アミノバイタル プロ 3600 14本入
()
アミノバイタル

商品詳細を見る


これもどのくらい違いがあるかはわからんが、ここでケチって4時間00分01秒とかだったら死ぬほど悲しいので、万全の体制で言い訳ができないように準備しておこう。

■ パワーバーの酸味のある激甘さがクセになる


PowerBar(パワーバー)パワージェル 梅味PowerBar(パワーバー)パワージェル 梅味
()
PowerBar(パワーバー)

商品詳細を見る


補給食はパワーバーで。
ショッツだとただ甘いだけで、クエン酸の効き目がないような気がして。
完全に気分的な問題だと思うが。

食った後、手がやたらベタベタするのが気になるんだけどな。
そこは給水所で洗えばいいか。

■ 音楽は聴きます

P1040183.jpg

道マラと違ってほとんど沿道の応援がなく、心が折れそうになるので、音楽で元気づけてもらおうかと。
この前の豊平川マラソンで、初めてレースでウォークマンを使ったのだが、やっぱ音楽があるといいなあと。

前半にしっとりした曲で飛ばし過ぎを抑え
中盤にアップテンポの曲でガンガン行って
最後はZARDの「負けないで」とか、ベタだがそんな応援ソングを入れて励ましてもらおうかなあと。

自然の中のレースなので、小川のせせらぎとか小鳥のさえずりとか、そんなものを堪能したいような気もするが、普段からそういうものを堪能できる環境にいるので別にいいや。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ近づいてきましたね! 先日の洞爺湖でもそうだったのですが自分が走るわけでもないのに時々トクンとする時があったり、毎日のランですれ違う方達からも最近はピリリとした緊張感を妄想気味に感じてみたり…、フルは特別格別ですね。
個人的にはこのように色々語って貰えるのは嬉しい限りです、丸々ギュッと吸収させていただきますm(__)m
ちなみに会場のスポセンの近くにある緑小学校は我が母校で青葉公園は幼い頃の遊び場でした。森の精霊たちがごしさんにチカラを与えんこと祈ってます、ファイトです。

yosiさん、応援メッセージありがとうございます!

そうでしたか、千歳で育ったのでありますか。
アップダウンが激しいとか、コースが狭いとか、砂利が深いところがあるとか、色々気になるところもあるのですが、景観を楽しむという意味では千歳は好きなコースです。
ちょっとしたトレラン気分を味わえるようで。

やはり、ハーフとフルでは事前の準備は変わってきますね。
競馬で言うと、大げさですがGⅠレースを前にした緊張感ですが、その緊張を楽しみに変えていければと思います。

いつかはフルの大会でもyosiさんとご一緒できればと思いますので、そのときはよろしくお願いします。

ランを始めるに当たり(嘘)参考になります

お天気がよさそうで良かった!
がんばってきてくださいねぇ~(^o^)/~~~

がんばです~
なるべくツイート見ます、応援します^^

いよいよですね!

頑張って下さーい!(^^)!
暑くなりすぎないことをねがってます!

>タッチさん

お、ランを始められるのですか?
パッションがあればタッチさんも42.195kmぐらい大丈夫ですよ。
どうでしょう、来年はご一緒に?

タッチさんの「トワダー」に続けられるように頑張ります\(*⌒0⌒)♪

>penさん

恐らくTweetする余裕もないことと思いますが、せめてゴール直後はつぶやける体力は残したいと思います。

頑張ります!

>toneさん

洞爺でサブフォー達成のtoneさんに追いつけるように頑張ります!
正直、toneさんの存在がかなり今回の挑戦に火をつけさせてくれています。
明後日にはよい報告ができればと思います。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。