スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年豊平川マラソン参加記(その1)

そんなわけで参加しました、豊平川マラソン(ハーフ)。

この大会に参加するのは初めてなのですが、来月の千歳JAL(フル)の調整にはちょうどいいんじゃないかということで、チョイス。
豊平川の河川敷を使って行われるローカルな大会です。

4月は30km走もやったし、ハーフぐらいの距離なら何とかなるだろうと余裕ぶっこいていたら、前日に右ふくらはぎにじんわりとした痛みが。
多分、この前自転車に乗ったときにやっちゃったんだろうなあ。
ほら、脚力もないのに、無理してアウターで坂道を上るからだよ。

んなわけで、ふくらはぎにテーピングをして、痛み止めの錠剤も持って走ることにします。

P1040049.jpg

ゴールデンウィークの北海道は、呪われているんじゃないかというぐらい悲惨な天気が続いたわけだが、この日は朝から太陽が出ていい感じですね。

P1040052.jpg

マラソン会場は駐車場がないため、高速バスで札幌に向かいます。
バスの中から豊平川。

P1040054.jpg

今日は真駒内からどの辺まで走るんだろうか?
(コースの予習は全くしていない)
多分、写真のところまでは行かないような気がするが。

高速バスを降りて、地下鉄に乗り換え。
地下鉄には、「お前はCCBか!」とツッコミを入れたくなるほど、見事に前髪が緑色の奴がいたが、マラソンとは関係がないのでどうでもいい。

真駒内まで地下鉄で行くとき、平岸からぐぐんと地上に上がる瞬間が好きだ。
たまらなく好きだ。
潜水艦が地上に上がっていくような力強さを感じ、生きる勇気がふつふつと湧いてくる。
これを経験したいがために、南平岸以南に住みたいと思ったぐらい好きなのだが、きっと毎日だと飽きてくるので、数年に一回経験するぐらいがちょうどいいような気もする。

で、真駒内に到着して、バスで会場の真駒内競技場まで行きます。
停留所6個分だったら、別に歩いて行ってもよかったな。
(この考えが後の悲劇につながる)

P1040055.jpg

受付を済ませます。
ゼッケン番号は独身の俺に対して「1122(いい夫婦)」
何かの嫌がらせか?

zekken.jpg

いや、そんな風に考えてはいけない。
きっとこれは私に近い将来、よい伴侶ができるという前向きなメッセージととらえよう。
そうしよう。

チーム名は今回も「かっぱちゃん」で。
と言うか今気づいたが、愛知から参加している人もいるのか。

P1040058.jpg

そして、埼玉県庁からあの方も参加されています。

P1040059.jpg


はて、昨日Yahooニュースで春日部のハーフマラソンを走ったと書かれていたが、札幌まで長距離移動してハーフ連チャンか。
すげえぞ、すごすぎる、公務員ランナー。

一人で来ていて、控え室の中で暇でしょーがないので、意味もなく鏡に映った自分をパシャリ。

P1040061.jpg

適当なランニングウェアがないので、ベイスターズユニフォームで。
帽子も適当なものがないので、GIOSのサイクルキャップで。
それ以外はユニクロとかGUで調達したもの。
参加賞のランニンググローブは、早速使わせていただくことにしよう。

あー、暇だ。暇。
スタートまでやることない。
控え室はどんどん人が増えていって、何か殺伐とした雰囲気になってるし。
ぼっち参加はこういうとき辛いのう。

もういいや、スタートまで50分ぐらい時間があるけど、スマホを含む荷物を預けちゃおう。
ここの荷物預かりシステムはシンプルだけどいいねえ。
荷物にゼッケン番号を書いたタグをつけて、ゼッケンの下一桁の数字が書かれたテントにセルフサービスで荷物を置く形です。
ガソリンスタンドもセルフが好きな私としては、こういう人の手がかからなくていいシステムは使いやすい。
レース終了後に荷物を取るときも楽だし。

やることがないので、トイレに行こう。
どこのマラソン大会でもそうだが、トイレは大渋滞なので、いい時間つぶしになる。

スタート30分前。
「ハーフの選手はスタート地点につけ」とアナウンスがあった。
するとどこかで見たことがあるような二人組がいたのでついていくことにした。

あー、やっぱりブログ&Facebook上で交流のあるyosiさんとしぃさんではありませんか!
去年10月の北広島以来ですね。
お久しぶりです。
参加していることは知っていたのですが、いやあ、何千人の中で見つけることができてよかった。
こういう大会で知り合いがいるのといないのとでは、スタート前の緊張感が全然違うからなあ。
話し相手がいるのは大きいよ。
スタートまで30分ひたすら無言って、結構辛いもん。
(北海道マラソンで経験済み)

そんなわけで、お二人と談笑しながらスタートまでの時間はあっという間に過ぎていきます。
yosiさん、しぃさん、ありがとうございました。
おかげさまで、スタート前にリラックスすることができました。
アミノ酸サプリを摂取しているとき、「これってトップバリュのですか?」と言うぐらい拙ブログを読み込んでいただき、本当に感謝です。
(あのときは軽く吹き出しそうになりました)

にしても、スタート前30分前から並んでいたおかげで、今回のスタート位置はかなり前だ、前過ぎる。
これはスタートから殺人的ペースに巻き込まれるのではないかと危惧しながら、ヨーイドンのピストルが鳴ったのであった。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感動しました

痛みがあるということで、正直記録には期待してませんでした。
4月はたくさん練習されてたようで、自分にも良い刺激になりました。

つづきを楽しみにしています。

CCBといえば、笠浩二(ピンクの人)が好きでした。ただピンクだから。数年前にテレビで見て、かなりメタボリックになっててショックでした。

私も1時間55分ぐらいで走ろうと思っていたのですが、練習を積んできたおかげか、最初から割合速いペースで余力を残すことができましたね。
今回の結果は数字以上に自信になります。

CCBの笠は昔メタボで、CCB全盛期に痩せて、またメタボと、渡辺徹コースをたどっていますね。
私は笠以外のメンバーは名前もわからないのですが…。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。