スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩見沢サイクリングコースに行こう

おはようございます。
この度は「ごし観光」のご利用、誠にありがとうございます。
今回は「岩見沢の名所巡り」ということで、皆様を「岩見沢サイクリングコース」へとご案内いたします。
恐縮ではございますが、「サイクリングコースは岩見沢の名所じゃねえよ、ボケ」という意見は、こちらでは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
なお、本日の運転手は君だ、車掌はボクだ。

札幌方面から国道12号線を進んで、岩見沢市内に入ったら、回転寿司「とっぴー」のところで右折いたします。

P1030999.jpg

左手に見えますのは「岩見沢市役所」でございます。

P1040001.jpg

右手に見えますのは「陸上競技場」、その奥の建物が「図書館」でございます。

P1040002.jpg

看板が見えてきましたら、そのまま上志文方面に直進してください。

P1040003.jpg

そうすると、とんでもない田舎道になってまいりますが、そのくらいでひるんではいけません。
サイクリングコースへの道のりは、長く険しいものなのです。

P1040005.jpg

高速道路を過ぎてしばらく行きますと、左手にサイクリングコースの入口がございます。
前回ワタクシが調査したときは、あいにく「通行止」でしたが、今回はどうなってございますでしょうか………。













P1040006.jpg

やはり、「通行止」でございました……orz。


しかし、サイクリングコースを極めようとする皆さんは、この程度のことであきらめてはいけません。
今度は反対側からアプローチしてみようではありませんか。

P1040007.jpg


一体、どうやってここまでたどり着いたのか、非常に疑問に思われることかもしれませんが、このブログをご覧になるぐらい頭のよい皆さんは、こんなところにたどり着くぐらい朝飯前だと思いますので、さあ、黙って俺について来い。
にしても、サイクリングコースなのに「自転車に注意」ってどういうことやねん。

実はこの道、「サイクリングコース」と言っておきながら、自転車専用道路ではなくて車も通ることができるのですよね。
だから、わざわざ「サイクリングロード」ではなくて、「サイクリングコース」と名前がつけられているのだと予測されます。
要するに「自転車に注意」の看板は、車に乗っている人に「この道は自転車も通るから注意してね」と訴えかけているのでしょう。

どーせこんな道、車もほとんど通らんので、自転車専用道にしなくてもどーでもいいっていえばどーでもいいんだけど。

P1040008.jpg

まっすぐ行くと突き当りになって、左手に行けば「サイクリングコース」、そして右手に行けば「サイクリングコース」

P1040011.jpg





……って、どっちやねん?


まあ、いいや、とりあえず旭川行きのバス停の入口もあることだし、左に行ってみようか。
別に俺はバスに乗るわけではないが。
で、高速道路の下をくぐります。

P1040012.jpg

そうしましたら、また、突き当りになって、左手に行けば「サイクリングコース」、そして右手に行けば「サイクリングコース」

P1040013.jpg







……、だから、どっちやねんヽ(`Д´)ノ


とりあえず、左に行けば下り坂、右に行けば上り坂だから、俺は右に行くぜベイビー。
例え人にマゾと言われようと、俺は小さい自転車で坂を上るのが好きなのさ。

ちなみにこの「サイクリングコース」、道はひたすら上りか下りかで平らな道はほとんどありませんので、ママチャリでの利用は非常に危険であると思われます。

あー、つらいぜつらいぜと、ヒーコラ坂を上ると、そこは……













P1040014.jpg

やはり「通行止」だった。


本日は「ごし観光」がお送りする、「岩見沢サイクリングコースツアー」にご参加いただき、誠にありがとうございました。
皆様方のまたのご利用をお待ちしております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いくつか見覚えのある風景が出てきたんですけど、通行止めが多すぎるのと看板が意味不明すぎるのとで、結局自分で走った時と同じように何が何だかわからないんですが。

また利用したいと思いますので、再ツアーを期待です。

やはり意味不明すぎましたか。
もうちょっと詳しく写真を交えて紹介したかったんですが、工事関係者や高速道路の警備員がうろうろしていて落ち着いて写真なんて撮ってられなかったのですよね(明らかに不審者と思われていたでしょうな。サイクリングコースとは言え、地元民であんなとこ自転車で行く人なんてまずいないので)。

全面開通したら、またツアーを企画したいと思いますので、またのご利用をお待ちしております。

その標識(笑)

通行止め解除したらなんかうれしいですね^^;

もう自転車シーズンなので、いい加減解除になって欲しいところなのですが、丁未峠といい、まだまだ走れないところが多いですね。

また、通行止めが解除になったらリベンジします!

いや~笑わせて頂きました。

古いギャグ等も織り交ぜながら、笑いの壷をしっかり抑えた
ごし観光を楽しませて頂きました。

ありがとうございます。

こちらこそ、お楽しみいただきありがとうございます。

悪ノリして、シリーズ化しようかしらともちょこっと思っています。
今年は空知の観光大使になった気分で、空知地方の魅力を余すところなくお送りできればいいですね。

次回もご期待下さい。

ごし観光

あははh。。ごじ観光、面白いです。。シリーズ化待ってます。^^

突き当りの「どっちに行ってもサイクリングコース」の標識は笑うしかなかったですね。
(ちなみに1つ目の標識を右に行ったらダート道へ、2つ目の標識を左に行ったら一般道に戻ります)

シリーズ化できるようなネタ道が現ることを願うのみです。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。