スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車の教科書

買いました。


自転車の教科書自転車の教科書
(2013/03/28)
堂城 賢

商品詳細を見る


この本は長野県の安曇野で「やまめの学校」という自転車スクールを開かれている堂城賢(たかぎまさる)さんが書かれたものです。
今まで堂城さんの「やまめ乗り」については、雑誌ファンライドで概要がチラッと書かれている程度で、体系的にまとめられた書物はなかったのです。
待ちに待った「自転車のバイブル」の登場です。

北海道でも年に1回「やまめの学校」の出張サービスがあったり、美瑛センチュリーライドで「ミニやまめの学校」が開催されます。
私も受講させていただいたことがありますが、堂城さんの理論や教え方もさることながら、笑顔を絶やさないところや気さくな人柄に特に惹かれるものがあります。
体育教師にありがちな威圧的でエラソーなところが全くなく、「この人の言うことなら信用できる」と感じさせる雰囲気がいいですね。

んで、この本の表紙と裏表紙。

P1030856.jpg

P1030857.jpg

自転車の中に小径車が入っているところがいいじゃないですか。
「車輪が大きいものでも小さいものでも自転車の乗り方は同じだ」と語りかけているようです。

まだ、少ししか読んでないのですが、これを熟読してブロンプトンでもロードやMTBに負けない走りができるようになりたいものです。

「小よく大を制す」の精神で、今年もブロンプトンで頑張りますよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。