スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みてみて三笠(その3)

その1 その2

我がブロンプトンは桂沢に向かう途中であっけなくパンクしてしまった。
「パンクぐらいその場で速やかに治さんか!」という声もあるかもしれないが、なんだかもうめんどくさくなったので、そのまま自転車を押して幾春別に戻ることにした。
これは自転車の神様が「これ以上先に進んでは危ない」と忠告しているのだろう。
にしても、春先の砂ホコリだらけの路肩状況は、パンクの大敵である。

ちょうどスキー場の辺りでパンクしたわけですね。

P1030976.jpg

ここのスキー場はシーズン券が何と1万円と、やけくそになったんじゃないかというぐらい非常にお得なスキー場である。
スキーは金がかかるんでここ5年ぐらいやってなかったが、シーズン券でこの値段だったら久しぶりにやってみようかしら。
(そんなこと言いながら、多分やらない。ほら、俺、寒いのキライだし)

下り坂に対して自転車を押して歩くのは、屈辱的な気分が味わえて良い。
きっと、自転車に乗っていけば、幾春別などビューンと5分程度で到達するわけだが、30分ぐらいかけてチンタラと坂を下った。
まあ、今日は大して自転車に乗ってなく運動量的に物足りなかったので、ちょうどいい散歩になったと考えればいいだろう。

よーし、バス停が見えてきたぞ!というところで、無情にも岩見沢行きのバスは発車してしまった。
うわぁぁぁ、こんなところでバスを逃してしまったら、次は何時間後になるんじゃ?

しかし、ここのバスはローカルバスなのに、40分に1本とやたら本数が多い。
国鉄時代よりもすげー便利になってないか。

P1030978.jpg

んなわけで、バスを待ちましょう。

P1030977.jpg

バス停の近くにアイス屋なんてあるのね。

P1030974.jpg

アイスよりも私が気になったのは「石炭ざんぎ」の方である。
こういう産炭地っぽい食べ物があったら、とりあえず食ってみたくなるのが観光客の心情というものだ。
別に俺は観光しに来たわけではないが。

ジャーン!これが「石炭ざんぎ」です(5個で300円)。

P1030980.jpg

……って、これはただの焦げたザンギではないのか?
黒っぽくすればなんでもいいというわけではないだろう。

いただきます。

ん?そんなに焦げの苦味はない。
この黒いやつの正体は一体何なんだろうか?
コショウなどの香辛料というわけでもないし、味はいたって普通のザンギと同じだ。

ごちそうさまでした。
話のタネに一回は食ってみるのもいいかもしれないが、これだったらアイス屋の向かいのコンビニでから揚げ棒を買った方が幸せになれるような気がする。
そっちの方が安いし。

テキトーにスマホいじりながら時間つぶしていたら、バスが来ましたね。
40分なんてあっという間だな。

P1030982.jpg

一番後ろの座席を占領します。

bus.jpg


さらば!幾春別。
ここにも炭鉱の建物があったのね。

iku.jpg


バスは乗客が5人ぐらいのガラガラなのを想像していたのだが、思ったよりもはるかに客の乗り降りが多く、満席になるまではいかなかったが、客は常時10人ぐらいいて、心なしか後部座席を占領している私とブロンに対する視線が冷たかったように感じたのであった。
例え人口が1万人切ろうが、三笠はそれでも「市」なんだなあということを感じた、居心地の悪いバス輪行なのであった。

あとは家に帰ってパンク修理しておしまい。
アクシデントがあっても、ブロンプトンなら最悪バスに載せて家に帰れるということで、今回はブロンの威力を思う存分発揮できて、めでたしめでたしなのであったが、今度はタイヤレバーはきちんと持っていこうな、俺。
(とどのつまり、タイヤレバーがなくてパンク修理ができなかっただけであったのだ)

走行距離 約25km

(このシリーズ終わり)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ツーリングレポートありがとうございました。
残雪はあるものの、色々見て回れて面白そうです。
ブロンは、パンク修理は、ホイールをはずさずにするの
ですか?(出先では)

ホントは三笠から夕張に抜ける国道452号線を走りたかったんですけれどもね(大夕張200のコースにもなっています)。
まあ、まだ脚もできていないし、16インチのブロンプトンだということで、今回はパンクしてちょうどよかったのではないかと思います。
三笠の道道116号線は一部道が狭く、路肩状況がよくないので注意が必要です。

パンク修理は、ホイール外さないときはママチャリのようにチューブだけ出してパッチを当てる方法ですね。
ただ、あまりパンク修理に自信のない私としては、きちんと水に入れて穴の位置を確かめないと不安なのですよ。
よって、タイヤレバーがあったところで、やはり家にお持ち帰りだったでしょうね。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。