スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここが青山(せいざん)

私が乗った特急列車は音威子府を超えて、更に北へと進んだ。
宗谷本線は名寄から北の線路は高速化されていないので、こっからが長かったことよ。

そして、とある無人駅に停車したので、私はそこで列車から降りた。
さようなら、スーパー宗谷。

そこは牛乳がおいしいことと、温泉でほんのちょっとだけ有名な町だった。

010.jpg

011.jpg

「旭川まで212km」の表示を見て、「俺も来るところまで来たなあ」と。

013.jpg

中心部をウロウロ。
Aコープとセイコーマートと床屋と自転車屋を発見。
うむ、これだけあれば、生活には困らないだろう。
今後、私の体の成分はAコープとセイコーマートで構成されることになりそうな予感だ。

この町は以前に一回だけ行ったことがある。
私の学生時代のバイト仲間で教員になった人がいて、彼の最初の赴任地が正にこの町だったのだ。
んで、彼が教員になった年に「よーし、みんなで遊びに行くべ!」と、ゴールデンウィークのときに大人数で押しかけたのであるが、あれから十数年、まさかこういう形で、私がこの町にやってくるとは夢にも思わなかった。

当時の思い出は、温泉が灯油くさかったことと、100円かそんぐらいで牛乳飲み放題の店があって、調子に乗って3杯ぐらい飲んだら、帰りに下痢ピーピー状態で、数十キロ度に「すまん、トイレ行かせてくれ」とコンビニに駆け込んだことぐらいである。


テクテクと面接会場に向かいます。
通りいっぺんの質問があった後、あっさり採用決定。
こんなに物事うまく行っていいのかというぐらいに就職は決まった。
私の前々職時代に一緒だった人が、どういうわけかここに紛れ込んでいて、「この人なら大丈夫なんじゃない」と偉い人に言ってくれたらしい。
ああ、ありがたや。
人間どこでどうなるかわからんから、敵は作っておくもんじゃないな。
とりあえず、知っている人が一人でもいることは重要だ。
前々職時代は、その人とそんなに話をすることはなかったが、これからは仲良くやっていきたいものだ。

でもって、面接が終わってから帰りの特急の時間までかなりあったので、「温泉に行きたい」とリクエストしたら、わざわざ偉い人が6kmぐらい離れた温泉まで車で送ってくださった。
何というVIP待遇よ。

「この町にはタクシーが一台しかないから、もし帰りも必要だったら迎えに行きますよ」
と、ありがたいお言葉をいただき、温泉前で偉い人とは別れた。
さようなら、そして、これからもよろしくお願いします、偉い人。
ネットで調べたら、帰りの特急に間に合うバスがあるようなので、多分大丈夫だと思います。

風呂に入る。
うむ、あのときと同じで油くさい。
ああ、いいお湯だ。
これからはこの温泉が私のホームグラウンドになるのだ。

休憩室でゴロゴロして、館内に貼ってあるポスターを見る。
ほう、この町のファイターズ観光大使は、大野選手と榎下選手か。
よし、今年はこの2選手を全力で応援しよう。
大野よ、キミが新人のときのオープン戦で、当時ヤクルトにいた五十嵐亮太から決勝のホームランを打ったのを、神宮球場で見たことは今でも覚えておるよ。
あのときは「あーあ、五十嵐、こんな新人に打たれやがって」と思ったものだが、もうキミはファイターズの正妻だ。
今年は鶴岡の穴をしっかり埋めるのだぞ。
と、ファイターズファンでもないのに、ついついそんなことを思ってしまう。

食堂で「鹿肉カレー」を食す(650円)。
感想は可もなく、不可もなく。

014.jpg

ごちそうさまでした。

さて、ここで帰りのことを考えた。
一応、バスが17:02から出るので、17:32発の特急に間に合うことには、時刻表上なっている。

しかし、問題はそのバスだ。
温泉始発だったら全く問題がないのだが、よーく調べると、なんとこのバスは、こっから100km以上は離れている留萌からやってくるバスだったのだ。
これって、もしかしたら、時刻表から大幅に遅れるパターン?
だって、日本海沿線をずっと走っていくわけだから、そっちの方はすげー吹雪って可能性もあるし。

この事実に気づいたときは16:30。
さあ、どうする?

歩くべ!

これからしばらくの間、付き合っていく町だ。
どんなものか、この目でゆっくり見て行こうじゃないか。

んなわけで、スーツと革靴という、まるで歩くには適さない服装で、ひたすら歩こうと思ったが、大体人間の歩くスピードって時速4kmぐらいだから、えっ、これ急がんとダメじゃん。

ええ、走りますわよ。
歩道はきちんとありますね。
冬用ランシューズ買って、この町に住んだら外で走り込みをしよう。

17:00ごろになると、日が暮れて真っ暗。
「うわー、心細い」などと、ちょっと後悔したが、それよりも特急に間に合うかどうかが重要なわけであって。
ジョグと早歩きを混ぜながら、テクテク進みます。
ああ、こういうの俺らしくていいなと。

さて、この町、実は私に住んでくれと言わんばかりの「自転車健康都市宣言」を行っている町なのである。
いや、人口5000人未満の町で「都市」ってどうよ?と突っ込みを入れたくなるが。

この町、毎年、自転車レースが開催されている町なのですよ。
町民代表として、S-5クラス(20km)で出てみようかしら。
怪我したくないし、周りに迷惑もかけたくないんで、最後尾でふらふらしながら。
今年のリザルト見たら、下の方の順位で40分ぐらいだから、そんなぶっちぎりでビリということもないだろう。

さすが「自転車健康都市宣言」の町だ。
途中でサイクリングロードを発見したが、しかし、カメラに納める余裕なく。
また雪が溶けたら会おう、サイクリングロード!

ハーハー、ゼイゼイしながら、何とか列車到着5分前に駅に着いたわよ。
ちなみに途中、留萌からのバスには遭遇しなかったので、バス待ってたらえらいことになっていたわね。

スーパー宗谷に乗り込みます。

017.jpg

「人間いたるところに青山あり」
ちなみに、読み方は「じんかんいたるところにせいざんあり」です。
意味は以下の通り。

世の中は広く、死んで骨を埋める場所ぐらいどこにでもあるのだから、大望を成し遂げるためにならどこにでも行って、大いに活躍するべきであるということ。

正に「ここが青山」のつもりで、早速ですが、2月からこの地で頑張らせていただきます。

015.jpg

さようなら、そして、これからしばらくの間よろしく!豊富町!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます!

『ミート&フーズうえの』の餃子、
たぶんまたあると思うのですが、
ジューシーでおいしいですよ。
お気に入りのお店です。

というか、随分と北へ行ってしまうのですね。
道北好きな僕としては、羨ましい限りです。
お店少なくて、食が不便かもしれませんが頑張ってください。

海沿いの道、自転車で走りたいなぁ。

豊富町

ごっしー君なんとまあ、ずいぶんとおく離れたところに行ったのですね。豊富町!!

名前は聞いたことあるけど、ここにあるとは知りませんでしたよ。

就職決まって万歳!!だね。

しかもVIP待遇、温泉まである。自転車のまちっていうのも偶然か必然かわからないけど、縁があったのだねー

私にもごっしー君のようなチャレンジ精神があれば、岩見沢なんて飛び出して、やり直しできるのになあ。。笑

思えば遠くへきたーもんだーと🎶歌いたくなりますね。

とにかく2月から再スタートですね。無理せず頑張ってください。

わおっ♪豊富町!

まずは、就職決定おめでとう御座います!

私も豊富町は少なからず存じてます(笑)
良いですね♪「ここが青山」!!!素敵ですヽ(〃v〃)ノ!!

サロベツ原野方面をポタリングしたりと気持ち良さそうですね♪

温泉!昔は地下に温水プールがあったのですが、今もあるのでしょうか?
(昔と今とでは施設も大分変わったと聞いた覚えもありますが・・・)


私事、今年1月7日から毎日(風邪を引き2日だけ休みました。)スポーツクラブ通いをして、「ラン1時間、腹筋トレーニング10分、スイム1時間」の日々を過ごしています。
最初は筋肉痛でヘロヘロでしたが、昨日辺りから軽い心地良い疲れを感じる程度になって、基礎体力が付いて来たと感じてます♪

本日はスイム(平泳ぎ)だけに特化して、3時間ほど胸筋を鍛えまくって見ようと思ってます!
ムフッ( ̄m ̄*)




ありがとうございます

>yumikantaさん

ほう、『ミート&フーズうえの』の餃子ですか。
これは要チェックですね。
情報ありがとうございます。

稚内へサイクリングしたことは2回あったのですが、どちらも天塩から海沿いを通って稚内まで行ったもので、豊富市街はほぼ未知の世界なのですよね。
まあ、稚内までの距離もそんなに遠くないですし、生活は何とかなるのではないかと思います。
ええ、お店なんてスーパーとコンビニとちょっとした定食屋があれば、それで十分なのです。

せたなに行ったときのような気分で、肩の力を抜いて、自分らしくやっていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

Re:豊富町

>麗さん

そんなわけで、行くところまで行ってしまいました。

前職在住時、「ここがダメだったら、私の職種で人が足りない道北、道東方面へ逃避だなあ」と漠然と考えていましたので、渡りに船状態でしたね。

もちろん、これからも順風満帆と言うことはないと思いますが、志を低く持ち、自分で勝手にハードルを上げて、ハードルを倒して「何じゃこりゃ!」状態にならんように、うまく自分をコントロールしながら生き延びていきたいと思います。
自分にとって何が幸せかなんて、それこそ「自分」しかわからんわけですから。

急な引越しや、住宅確保のために、向こうに行っても少しの間落ち着かないジプシー生活が続きそうですが、徐々に慣れていきたいと思います。

やってきました豊富町

>さすらいのダイエッターさん

お祝いのお言葉ありがとうございます。

「ここが青山」は、奥田英朗さんの小説「家日和」からのパクリです。
ただ、この言葉がなんとなく、私が進む方向性を示してくれたような気がしますね。

日が長い季節になると、勤務終了後に自転車で稚咲内まで行って、夕日を見て帰るなんてことをしたいですね。
せたな時代も、勤務終了後に日本海側まで行って、夕日を見て癒される日々を過ごしてきました。

温泉には残念ながらプールはありません。
ネットで調べたら、町営プールは夏季しか営業していないので、しばらく水泳はお休みですね。
仕事の様子見ながら、余裕があれば年中プールやってる稚内まで行きたいところですが、まず、慣れるまでは本業優先で、やっていきます。

キョリ測使いながら、一周約3kmの手ごろなランコースを見つけましたので、2月は冬シューズ買ってラン中心の生活、そんでもって、住宅事情によってはローラー台か、スピンバイク使って室内自転車トレもできるようにしていきたいと思います。

徐々に、新しい土地に慣れていきたいものですね。
今回の転職であきらめたこともありますが、それ以上にやりたいことも沢山ありますよ!
この地で「俺チャレ」の続きを完成させたいものです。

No title

Oh! 豊富!しかも2月から!早い!
あそこでは17〜18年前に温泉に入ったなぁ。あの灯油臭いのが飲めるっていうので拷問かと思いながら飲んだらやっぱり具合が悪くなって、牛乳でさらに悪化した思い出が。
稚内迄そう遠くもないですし(道民尺度)、冬期間のプール問題は解決ですな。

人間いたるところに青山あり・・・・そういう意味だったのですか。なんか染みるいい言葉ですねぇ。

ごしさんに幸多からんことを!
俺チャレで宗谷岬を目指す際には寄りますね。

No title

これはグズグズしたら負けだ、思い立ったらすぐ行動だ!
と判断し、求人広告が出てから、わずか一週間で決まってしまいました。
12月の感触から、就職活動は長期戦になるかなあと思って、水泳教室に通いだしたらこのザマです。
世の中こんなものなのかもしれません。

稚内までの距離は約40kmです。
ただ、信号が少ないので30分~35分ぐらいで行けるとのことです。

職種上、急な呼び出しにも対応しなければなりませんので、どこまで行動範囲を広げていいのかよくわからないところもありますが、そこは何とか切り抜け、公私共に充実した生活になればいいなあと思っております。

宗谷岬へお越しの際は是非!
稚咲内でお待ちしていますよ。

No title

利尻島一周ふれあいサイクリングに参加するには絶好のロケーションですね
今年度の参加をお待ちしております

No title

マークさん、ブログでははじめまして。
コメントありがとうございます。

ロケーション的には利尻一周サイクリングには最適なんですが、北海道マラソンと日程がかぶるのがネックなのですよね。
やるとすれば一周ランの方になるでしょうかね。
今年のサイクリングの日程が北海道マラソンとかぶらないことを願うのみです。

No title

おぉ、決まりましたか。
早めにきまってよかったよかった。

是非稚内のサウナに再訪し、ロシア語で書いてあった張り紙(なんちゃらかんちゃら・・・¥10,000って書いてあるんだけど日本語での注意書きにはどこにも1万円なんて金額出てこない)の謎を解いてきてください。

No title

そう言えば、謎のサウナにも行ったよな。
もう15年以上前になるのか。
まだ営業しているのかしらね。
「サハリン」とか、そんな名前のサウナでしたか。
ロシア語の勉強して、あれの謎を解くことをひとつのミッションにしますわ。
ただし、サウナが営業していればの話だが。

豊富町

おめでとうございます。就職祝いは差し上げませんけど、これからもいい感じの生活を送れますよう
お祈り申し上げます。  

Re:豊富町

penさん、そのお気持ちだけでありがたく思います。
「よい加減」で新天地では臨んでいきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

おめでとうございます

就職おめでとうございます!!

豊富町、昨年2回行きました。自転車で。
サロベツ原野の海岸線、素敵な道ですよね。日本海に浮かぶ利尻山が美しい。
昨年度のベストビューです。

北の街からのレポート楽しみにしています。



Re:おめでとうございます

優游さん、お祝いのお言葉ありがとうございます。

豊富は利尻富士が左手に見える海岸線の道道106号線もすばらしいですね。
私もそこは走ったことがあります。

しかし、サロベツ原野の真っ只中を走る道道444号線は未走行ですので、これからの楽しみにとっておきたいと思います。
ツーリングマップル見ながら「どこ走ろうかなあ」と妄想して楽しんでいる真っ最中です。

全国のサイクリストがあこがれる宗谷岬に、日帰りで往復ができる贅沢な身分となってしまいました。
ワタクシを拾ってくれた宗谷の魅力を少しでも伝えられればと思いますね。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。