スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断

私は理論的に物事を考え、感情的に行動するところがある。

例えば、電化製品を選ぶとき、価格.comや2ちゃんねるなどで、詳細に製品の性能と価格を比較検討し、「よし、これだ!これがこの価格で売っていたら買いだ!」と理論的に考える。
しかし、いざ実際に電気屋に行ってみると、若くてかわいいおねーちゃん店員に勧められるがままに、全然違うものを購入し、頭を抱えること多数なのである。
くそー、電気屋め、どーせならコワモテのいかついにーちゃんでもつけんかい!
いや、それはそれで、押しに弱い私は買わされるのだろうが。

とまあ、そんな感じで、理詰めで考えたことを一時の感情でひっくり返し、更にその感情を理詰めで納得させようとするのだから、たちが悪い。
いつまでも悩み続ける人間の悪いところですね。
素直に「自分は感情でバーっと動く人間だ」って認めちゃえばいいのにね。


で、本題である再就職活動の続きです。

さすがに私も40を過ぎた人間なので、若いときに感じた「無限の可能性」というものはすでにない。
若いときはAもBも、そんでもって最終的にはCもって感じで、欲望が渦巻くこと鳴門海峡のごとしだったのであるが、大人になってくるとAを選んだらBを捨てなければならないなどと、可能性は限られてくるわけで、その中から自分が納得行く選択を理論的にしていく作業が必要になってくる。

今、自分が持っている能力、そして、今後の能力向上の可能性をどこまでのラインに持っていけばいいのか。
どこまでの収入なら生活に耐えられるか。車なしの生活も視野に入れなければならないか。
もし生活に不便な地方に住むことになれば、どこまで都会の利便性を排した生活を送ることができるか。
そう言った「理論的」な考えが必要であることは、よーくわかっている。

実際、12月中は、何パターンかのライフスタイルを考え、それぞれの職場で何が求められているのか、自分はその中でどういう立ち位置で振舞えばいいかを検討した上で、やたらめったら履歴書を出しまくるぐらい、自分は単なる節操のない奴だということを発見した。

そして1月。

夜の水泳教室から帰ってきて、ネットで求人情報をチェックすると、ある一件の求人広告が激しく私のパッションを刺激した。
12月中にグダグダ理屈で動いていたのが嘘のように、「感情」で判断した。

ここが自分を呼んでいると。

そんなわけで、真夜中に採用担当者にメールをすると、翌日に速攻で「履歴書送れ」とレスが来て、パパッと書類を仕上げ、速達でマッハゴーで郵送した。
すると、採用担当者から「週明けに面接する。とにかく来てくれ」とTelがあり、気がつけば私は特急の往復券を買って、雪がしんしんと降る岩見沢駅の6番ホームにたたずんでいたのであった。

001.jpg

特急列車に飛び乗り、車窓からの雪景色を眺めながら、私は北へ北へと進んでいくのであった。

003.jpg

一旦、さようなら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

つづきが。。。


どないなったんやろ~~~!次項が楽しみ!!^0^

あえてじらすのが

私流ブログスタイル。
さて、どこに行くことやら(他人事)
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。