スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事休んでうつ地獄から帰りつつある

元日テレアナの丸岡いずみさん「仕事休んでうつ地獄に行ってきた」読了。


仕事休んでうつ地獄に行ってきた仕事休んでうつ地獄に行ってきた
(2013/09/20)
丸岡 いずみ

商品詳細を見る


「ああ、わかるわかる」と思いながら一気読み。
私も彼女と同じで典型的な「食べられない」「眠れない」状態に陥っていたもので。
物の味がわからないというのも私と全く同じ。
(結局、「おいしい」という感覚がなくなるので、何も食いたくなくなるのです。当時は「これは栄養だ!栄養!」と思い、点滴感覚で食事を無理やり摂取していました)

そうか、そうか、私はどこかで「奇跡の38歳」と赤い糸でつながっていたのか。
それはそれで光栄なのだが、残念ながら彼女はすでに結婚してしまったのであった。
くそっ、別れねえかなあ(相変わらず性格悪い)。

ただ、私の場合は「心の風邪」程度の段階で「薬物治療+休養治療」に入ったので、入院とかそういった状況に追い込まれなかったのは幸いです。


でもって、症状が改善されていくにつれて、不思議なことを思うのである。

仕事をしているときは、あれだけ苦痛だ苦痛だと思っていた仕事が、突然パタッとなくなると、「仕事したい病」にかかってくるのである。
もちろん、世間体的に「昼間からブラブラして、のんきに水泳教室に通ったり、体育館で遊んでいたりする」という背徳感もあるわけだが、それとは違う純粋な「働きたい」という衝動がふつふつと沸いてくる。
「俺様に何もさせないというのは、大いなる社会的損失なのではないか」と、傲慢な考えもふっと沸いてくるぐらいの変わりようだ。
一体どうなっているんだ?

当初の予定では、テキトーに仕事探しながら、2月は沖縄に行ってプロ野球のキャンプを見に行こう。
そんでもって、3月はのんきに暖かいところを自転車旅行して、4月ぐらいから働いてやってもいいかなぐらいに考えていた。

だって、こんな長期の休みなんて、今しかないわけだからね。
有意義に使わんとね。

「でも、それってホントに有意義?」と、今になっては思う。
別にこんなことをするのは、今でなくてもいいんじゃないかなあ。

プロ野球キャンプなんて、所詮練習だし、私の性格からして2日も滞在したら飽きるだろう。
自転車旅行も、週に1度の「非日常」を味わうにはいいのだろうが、それが数週間や数ヶ月単位となると、自転車旅行が仕事と同じ「日常」になってしまい、本来の旅の目的である「非日常への逃避」という目的から離れてしまう。
私は別に世界一周自転車旅行をしようとか、日本全国津々浦々あてもなく自転車でさまよいたいという願望も、昔はあったが、正直、今は薄れている。

以前3泊4日の自転車旅を敢行したことがあったが、最後の方は、はっきり言ってただの苦行であった。
せいぜい、今の私の集中力では2泊3日ぐらいが限界なのではないかと。
(自転車がない旅行でも、私は3日目ぐらいから飽きてくる。観光とか買い物とか、そういうものに興味がないものでね)

なんか、こうしてダラダラしている時間がもったいなくてだねえ。
こういう駄文を書いている時間ももったいない。
ああ、もったいない。もったいない。
出てきやがれ、もったいないお化け。
うりゃー。

と、このままの生活をダラダラ続けていると、11月当初とは違った意味で、頭が爆発するんじゃないかしらん。
などと思ったところで、予期せぬところで予期せぬ頼まれごとがあった。

大雪の岩見沢、駐車場の雪をほったらかしにするのはマズイのではないかと思いつつ、久々に「労働」の場に向かった。
雇用保険を受けている身分ですので、いいえ、お金は一銭もいただきません。

仕事は誰でもできるような単純作業だ。
それでも、私は思った。

「働くって、実は楽しいのではないか」

と。

ああ、いいなあ、この活気あふれる空間。
もちろん私も若くはない、その活気が「蜃気楼のような幻」であることは頭ではわかっている。
それでも、何かに「没頭」できることは非常に幸せなことである。
それが人の役に立てるのであれば、なおさらのことだ。

非常にいい経験をさせてもらった。
必要とされているところで、自分ができる必要なことをするありがたさをしみじみと感じた。

そんなわけで、私は決めた。

次の仕事は「自分を最も必要としているところ」で行おうと。
勤務地や給与は二の次だ。
とにかく「今すぐ私が必要だ!」というところで働くことに決めたのであった。

んなわけで、私の就職活動日記は続く。

さようなら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

かつてワーキングホリデーでNZをうろうろしていた時のこと。居を定めて、、、プラプラが大変だったんですなぁ。やっぱり人間毎日すべき何か、、、が必要なんだろうと痛感したものです。そう考えれば今の自分は幸せなんでしょうねぇ。世の中の何かの役に立ちたいもんです。

働くことについて

ごし君、私も丸山さんが本を出していたのが気になっていました。なんとあんなかわいらしい彼女が鬱とは。

人生いろいろです。私も病気を経験していますので種類は違えど、病気の苦しさはよくわかります。

働くことができなくなってもなお働かなければという気持ちがわいてきて空回りした時期もあります。

以前の仕事とは違い簡単な作業的仕事を4年続けていますが、運動にもなるし、たとえ4時間でも毎日となる

と結構体力つきました。働いて収入を得ているという事実が自立していると思えますので大事だなあと思います。

ここまで来るのに10年かかりましたね。周りの友人は出世したり結婚して子供ができたりしているのを聞いたり、見たりすると

当然焦るし、なんで自分だけが病気になってしまったんだろう、精神力が弱いんじゃないかとおもったりもしますけど  、それはそれ、私は私、病気になってしまったののも自分のキャラクターだと思って、

開き直ってます。

できる限り自分のくいぶちぐらいは自分で稼ぎ、周りに迷惑かけないようにしたいと思ってます。

ではでは

No title

>店主Aさん

プラプラしているのって、簡単そうで大変ですね。
毎日すべき「何か」があることって、ものすごく重要な気がします。

私もAさんと共に「北海道の自転車文化」に一石を投じるお手伝いができればと思っております。
この駄ブログを通じて。

Re:働くことについて

>麗さん

病気も一つの「個性」と考えてつきあっていくしかないですね。
最近、「他者と比較する」ことは、自分で自分の首を絞めるだけだなあと、自分の中で「今ここにある」幸せを見つけるように心がけています。

まあ、世の中いろいろありますね。
ちなみに記事に書いた仕事で、高校時代の同級生のご子息がいらっしゃり、超絶びっくりしました。
ああ、もうワタクシそのくらいの年齢なのねと。

一歩踏み出すと、それがいいことであれ、悪いことであれ、色んなものが見えていいですね。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。