スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水泳は人生だ

水泳教室に通いだしてから、年末に出しまくった履歴書のツケである面接ラッシュがやってきたり、突発的な頼まれごとをされたりで、思うようにプールに行けないということにようやく気づいた今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、水泳教室。
変な泳ぎ方のクセがついているために、ある意味全くの初心者よりもタチが悪いような気がする。
ビート板を使ったバタ足は相変わらず1mmも進まず。
というか、むしろ後退するという才能を持っていることに気づいた。

腕のかき方や、息継ぎもアドバイス通りに行うとかえっておぼれてしまうと、症状はひどくなり、我ながらどうなってんだと頭を抱えたくなること多数なのである。

そして、言われることはどのコーチも共通している。

「力が入りすぎ」

そうなのだ。力が入りすぎているのである。
でも、力入れないと沈んじゃうんじゃないか。
いや、コーチを見ていると、脱力していても進んでいる。

もがき、苦しめば苦しむほど、前に進まなくなる。

ふと、思った。

「ああ、水泳って人生だなあ」

と。

そう、人生は壁という障害物をうまく超えていかなければならない。
水泳も、水圧という障害をうまく利用しなくてはいけない。

壁にぶち当たったり、水圧に抵抗するようでは、前に進まないのである。

中級コースの方に聞いてみた。
「25mを『きれいに』泳げるようになるまで、どれくらいかかりましたか?」
「うーん、半年ぐらいですかね。でも、あなたは若いし男性なので、もうちょっと上達が早いかもしれないですね」

水泳の道は1日にしてならずなのである。
ここであせると、精神衛生上非常によろしくないので、ゆっくり取り組んでいくか。
それ以前に、新しい勤務地にプール自体がないという悲劇も十分考えられるし。

とりあえず、今年の東川デビューは厳しそうだなあ、まずは美幌でお茶を濁すか。

さようなら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

泳ぐことについて

ごっしー君頑張って水泳行っているようですね。

私は息継ぎのできないなんちゃって平泳ぎで、力が入りつつ10メーターぐらいおよげます。

昔は25メーター泳げたんですけどね。息継ぎができないんですよ。あせっちゃって。水を飲むタイプです。

すいすい泳いでる人って、全然力んでないですよね。そこに水泳の極意があるようね気もしますよね。

私は夏にばかみたいに暑いとき温水プールを利用します。おばちゃんに交じって歩行練習に甘んじてますね。

もっと志を高くしないいけないですね。

今日はブリザードなので走りにいけません、残念です。

いや、最近サボってます

「一番キョーレツなメニューを!」と要求したにも関わらず、2日しか行っておらず(昨日、今日と所要で行けず)、来週以降もあまり行けるめどがつかないので、早くも撤収しようかなと、弱気の虫がうずいているワタクシです。

あ、志は低い方が私にとってはいいと思います。
変に志高いと、勝手に壁を高くして、勝手にぶつかって、もがき苦しむことになりそうですので。
できることを一歩一歩やるしかないのですよね。

まあ、今の私にとっての優先順位はどう考えても「就職活動>運動」ですので、まずは職に就くことからスタートですね。

No title

面接ラッシュも水泳も大変そうですけれど、ゆるゆるとがんばってまいりましょう!
どちらも先には知らない世界が待っていて、きっと楽しいですよ。

No title

正に今、ゆるゆると日々の変化を楽しんでいる最中です。

12月から何もしていないようで、大きな変化の真っ只中にいるのだなあと、もう一人の自分が上から自分を俯瞰してみると面白いものを感じます。

自分史の中で、ちょうど今、江戸幕府が崩壊して明治維新に入ったあたりでしょうか。
さあ、我が内なる坂本竜馬はどういう決断を下したのか?

詳細は明日以降ゆるゆると書いていきます。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。