スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年初ラン

2014年も無事に明けてしまい、今年も五体満足で生存していることに感謝しています。

と、私にしては謙虚な書き出しで、「おお、私も40を超えてすっかり人間ができてきたなあ」と自画自賛しているのであるが、正月3が日は何をしていたかと言うと

・実家にこもり紅白を見る
・寝る
・起きる
・食べる
・箱根駅伝見る
・初詣に行く
・食べる
・寝る
・起きる
・食べる
・箱根駅伝を見る
・寝る
・寝る
・ついでに寝る

と、すっかり堕落した人間になってしまい、恐るべしは実家という名前の「ダメ人間養成所」なのであった。

しかし、堕落していたように見えて、実際は箱根駅伝に出るようなトップアスリートのフォームを詳細に観察したり、水泳教本を見ながらイメージトレーニングをして、「よし!今度プールに行ったときは大丈夫だ!」という手ごたえは確実につかんだ。
問題は今度プールに行くのが一体いつなのかということだが、それについては「もうちょっとイメージトレーニングを積んで、気候が暖かくなってから」と本人が申しております。


さて、本日。

IMAG0031.jpg


外は氷点下3度と、氷の世界であって、寒さと女にめっぽう弱い私は、冬のアウトドア活動からは一線を引いたのであった。
それに対しては「気力と体力と金の限界」と、当の本人は申しております。
(ウインタースポーツは金がかかる)

ということで、暖房のきいた無料体育館でぬくぬくと走るワタクシなのであった。
基本インドア派のもので。

IMAG0032.jpg

スタートする。
箱根のように、前の走者からタスキを受け取るわけでもなく、そして、私の次にタスキをつなぐランナーがいるわけでもない。

それでも走る。
ただひたすら走る。
「一体何のために走っているのかしらん」と思いながらも、慣性の法則により一度エネルギーを与えられた私を止めることは誰にもできない。

すると、聞こえてくる。
ウォークマンで聞いていた、家入レオの「Shine」とともに聞こえてくるのだ。

北海道マラソンの沿道の歓声が

そうだ、危ない危ない、私が走っているのは全ては「北海道マラソンのため」なのであった。
そこの原点を忘れてはいけない。
チームメイトはそれぞれバラバラのところにいるが、チーム「かっぱちゃん」の一員として、タスキはないが、思いを共有し、また8月に再会するという重要な義務があったのだった。

体育館にはほとんど誰もいなく、非常に寂しい空間だが、それでも誰かが走ることを応援してくれているから頑張れる。

そんな2014年初ラン。

さようなら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私は・・・

運動不足というよりも食べすぎ? で太りました。今朝59kg
秋頃に57kgでした。 どうも甘いものが好きなんですよね。
 今年もごしさんのランを応援しています。 

私も

penさん、本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

私も食欲が戻ると共に、体重も戻りつつありまして、ここから春までどうウエイトコントロールできるかが鍵ですね。
ちなみに私も下戸にありがちな「スイーツ男子」です。

今年も全力で頑張ります!応援よろしくお願いします。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。