スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TTバー考察

さて、トライアスロン宣言をしてしまい、まるでスイムが思うようにいかないが、もうここまで来ると引っ込みがつかなくなってきたので、地道にコソ練をしている今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

トライアスロンのバイク部門は、私が目指しているオリンピックディスタンスだと距離にして40km。
距離だけを見ると、はっきり言って余裕なのであるが、どうもトライアスロンと言うと、特殊な形をしたこういうバイクを連想してしまうのだよね。
(画像はTREKのHPより)

Asset_190130.jpg

この自転車で特筆すべき点は、前にクワガタの角のようにニョキッと生えている「TTバー」と呼ばれるものなのだよね。
何でもこいつを握ると、自転車走行での最大の敵である「空気抵抗」が減って、スピードがギュイーンとアップするらしい。
センチュリーライドとかで、こういうクワガタ自転車で、直線をぶっちぎられると

「ああ、私の自転車にもクワガタの角があれば」

と、自分の脚力のなさを機材のせいにしたくなるのであった。

しかし、私が持っている華奢なクロモリロードに、こういうゴテゴテしたものをつけるのは美意識的に許せない。
お茶漬けにマヨネーズをかけるぐらい許せない。
でも、あれば速くなりそうだし、んー……。
いっそのこと、トライアスロン専用バイク買っちゃおうか。

などと、いろいろ悩んでいたわけだが(最近、こういう低次元なレベルで悩めることに幸せを感じている)、困ったときはこの人に相談しよう。

「ホワイトラインバイシクル」の林さんしかいない!

んなわけで久々に行ってみました、WLB。
たったの3回しか来たことがないのに、林夫妻に顔を覚えられていて感無量です。
いつも拙ブログをチェックしてくださってありがとうございます。

で、林さんにかくかくしかじかこういうわけで…と相談すると、答えは早かった。

「いりません」

そう、こういうところがこの店のいいところだ!
普通の店だったら、「こんなのがありますよ」といろんなTTバーを紹介した上に、最後にはトライアスロンバイクを買わせようという作戦に出るに違いない。
あくまで、「客にとって何がベストか」ということを考えた上で答えを出してくださるのだ。
こういう「いい意味での商売っ気のなさ」が信頼を得られ、「よーし、せめて小物はAmazonやWiggleではなくて、ここの店で買おう」という気にさせるのである。

で、動画を交えながら熱心にTTバーが不要の理由を説明してくださいました。
細かいところについては、是非、実際にWLBに足を運んで林さんから説明を受けていただければと思うのですが(ここで私が下手に林さんの意図していない間違ったこと書くのもヤダし)、結論だけざっくりまとめると

「まずTTバーありきでなく、ここにTTバーがあったらいいのになと思った段階でつけた方がよい」

ということで、正直、ロードバイクでもっと遠くにハンドルがあった方がいいなというレベルまで行ってない私には、TTバーは不要というか、かえって上達を妨げかねないシロモノになりそうです。
よかったよかった、これで美的センスの点でも理屈の点でもTTバーは不要という結論に達した。

ところが、ところがである。

私、ブロンプトンに乗ってるとき、よく思うんです。

「もっと遠くに握るところあればなあ」

と。


こ、これは、もしかして……




ブロンプトンにTTバーをつけて大会に出るべきか?


などと、アホなことを考えるワタクシなのであった。

(もしくは「KHSの小径車にTTバーというのも面白そうかなあ」と、すいません、私、真剣に記録を目指すとか、そういう概念あんまりないエセアスリートなのです)

さようなら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

コメントありがとうございます。
非常に参考になるご意見でした。
荷重の問題は確かに重要ですね。
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

やはり無理がありそうですね。
考え直します。
ありがとうございました。

凄くいいと思ったのですが・・・。

なんだか、鍵付きコメントを下さった専門知識を持っていらっしゃりそうな方々に論破されてしまっていそうですが・・・

ウエットスーツが青レンジャー仕様であったり、バイク機材がブロンプトンだったり、更にはそれにTTバーがついていたりといった、ごしさんならではの世界がトライアスロン界にもたらされるのかとドキドキしながら読ませて頂きました。
一度だけ見たことがあるアイアンマンジャパンの世界においてはガチすぎて誰もそういうネタキャラ()はおりませんでしたがね。。。。

まぁ、スイムで豪快に足切りのorリタイヤという危険性が我々にはある訳でして(滝汗)、私も粛々と練習の日々を送った先に何か考えてみることにします。

Re:凄くいいと思ったのですが・・・。

名案だと思ったのですが、ジオメトリ的に無理がありすぎ、転倒の危険性が高まるようです。
さすがに怪我だけはシャレになりませんので、この案はボツですね。

でも、一応HECC会員の私としては、ブルホーンハンドルのKHSで小径車の可能性を試す実験をしたいような、したくないような……。

いや、それ以前に泳げるようにならなければならないのはわかっているのですが……。

今年の忠別では、バイクの半分が高価なTTバイクで、4分の1がDHバーを付けたロードバイク。残りがそのまんまロードバイクみたいな感じでした。

忠別は、7キロのコースを3往復でしたが、往きが下り基調、帰りが登り基調。当たり前か?だったので登りが得意な人に有利です。登りはTTバイクの特性を生かせないので、ロードでも行けるはず!

泳げない私が偉そうに書いて申し訳ないorz

いえいえ

KENさん貴重な経験談ありがとうございます。
高低差があるコースでしたら、ロードバイクでも勝負になりそうな感じですね。
そうなると、「う~、小径車で上りをTTバイクぶっちぎりたい」などと欲が出てくるワタクシであります。
本気でKHS購入しようかしら。
(ああ、Aさんが食いつきそう…)

ご要望通り

食いつきました(笑)。TTバーをつけるか否かに関しては、店頭にてお話しいたしますが、登りになれば車輪が小さくなることのネガが平地よりも小さくなります。のぼりで、700cを20インチでまくるというのは快感そのものですよ。かつて、美幌デュアスロンでデローザのキング(カンパカーボンホイル付)とタルタルーガで張り合いましたが燃えましたねぇ。UCIのルールで24インチ以下が禁止されてしまい、モールトンはその走行性能の証明の場所をトライアスロンに求めたことがあります。バイクフライデーでトライアスロンに出る人も普通に居る様ですから、是非お試しいただきたいですねぇ。ご来店お待ちしております。

上りの小径車

上りでロードをぶっちぎる感覚はオホサイや美瑛CRで経験済みです。
あれは快感になりますね。

P-20Rはちょっと興味あります。
(フォールディング機能はない方がよいです)
BR引取りの際に、また詳しくお話伺いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。