スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プールデビュー(その1)

えー、仕事もなくなり暇になりましたので、こっからブログの更新ペースが早くなると思います。
そんなわけで、数少ない「ごしマニア」の皆様はマメにブログをチェックしていただけるとありがたく思います。

さて、本題に入りましょう。

すっかり雪景色になった岩見沢でございます。

IMAG0004.jpg

なんか写真を見ると自転車のタイヤの跡も見えますが、冬自転車を引退した私はテクテクと歩いております。
(昨日の記事に書いたような事情で、近距離では極力車使いたくない。まあ、そういう考えだから「ガラスの心」と人に指摘されるのでしょうが)

でもってテクテク歩くと、見えましたよ。見えてきましたよ。プール!

IMAG0005.jpg

「冬はプールで楽しく体力づくり」

そうだ、全くその通りだ。
こんな寒いときに、寒いところに行って、スキーとかボードとかやっている場合じゃない。
正に冬こそプールなのだ。
どうして、北海道のプールは夏にしかやっていないところが多いのか、私にはさっぱり理解できない。
「水泳こそもっとも北海道に適したウインタースポーツじゃないか」とすら思う、根っからのインドア派のワタクシなのであった。

平日の真昼間に中年男一人がプールに行く。
従業員にいぶかしく見られるのではないだろうか。
「やーね、この人働きもしないで、平日の昼間からプールなんか行ってて、私には信じられないわ」と言われたらどうしようかと思いながら、入場券を購入しようと自販機の前に立った。

事前に私はネットで調べている。
ここのプールは1回470円だが、6枚綴りの回数券だと2520円と1回あたりの料金が420円となってお得となる。
「プールに通う」と決心した私だ。
ここは回数券を購入して、どんなことがあっても6回はプールに行かなければならないと、覚悟を決めて行くべきだろう。

しかし、自販機を見渡すと、どこを見ても回数券の「か」の字もない。
おかしい、どうなってるんだ?
これは何も知らない市民を騙して、高い料金で使わせるための作戦かとすら思った。
ふふ、そんな作戦に騙される愚かな私ではないぞ。
キサマらの作戦など最初からお見通しだ。

仕方がないので、フロントに行って、このプールに通う常連のような口ぶりで、蚊の鳴くような声で

「か、回数券くらさい…」

と、堂々と宣言した。
何事も勢いが大事なのである。

すると、フロントのお姉さんが
「けっ、無職のくせに生意気だ」と罵倒することなく、何事もなかったように営業スマイルで回数券を渡し、無事私は割引料金で、プールへの潜入というミッションを果たすことができたのであった。

(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日ある事情で北村プールに入ろうとしたところ、冬季閉館中だったのでびっくりしました。
札幌にはそんなとこないですよね?確かにプールは冬のスポーツだと私も思いますよ。

私は気分が向いたとき(年に10回ぐらい?)プールに行って、たらたらと1時間ぐらいかけて1,000mぐらい泳ぎます。
そのせいか、スイム記事も面白く読めますです。

No title

そうなのです、北村プールは9月中旬ぐらいまでしかやってないのです。
1回150円と安くていいのですがね。

楽しんでいただけて幸いです。
自分が今までやってこなかったことを記事にすると、ブログを始めた頃のことを思い出してしまいますね。
スイムでも極力文体は変えないように心がけていきます。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。