スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泳ぎを始めるモチベーションを上げる本(その2)

泳ぎを始めるモチベーションを上げる本、2冊目は以下の本です。

・「イン・ザ・プール」奥田英朗さん

イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
(2006/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


ストーリーは「原因不明の胃腸の不調で神経科に回された患者が、「運動なんていいんじゃない?」と医者に勧められ、プール通いにハマっていく」というものである。
おお、これは正に今の私の状況にぴったりの本ではないか!
(ここだけの話、諸事情により、ワタクシ現在メンタルクリニックに通っております)

でもって、この患者、徐々にプール通いに熱がこもってくるのはいいのだが、どういうわけか医者までが一緒になってプール通いに勤しむようになってしまい、しまいには医者の方から「夜中のプールに忍び込もうよ」などと提案する非常識な医者なのであった。
夜中にトイレのガラス割ってプールに忍び込もうなんて、医者としてというか人間としてダメだろう、コイツ。

で、結局どうなったのかは、実際に読んでのお楽しみということなのですが、結局「心身症」に対する一番の治療は「自分の中で『常識』だと思っていたことを打ち破る」ことにあるのかなあなどと思ったりしたのであった。
背伸びせずに等身大の自分を生きることって、簡単にできるようで、なかなかできないのですよね。

で、その常識を打ち破る反面教師が、この小説の主人公「伊良部一郎」だったりするわけですな。
私が患者だったら、絶対にかかりたくない医者だが、「自分の中の常識を疑う」という視点は大事なような気がします。
必ずしも教科書に出てくるような治療法が全てではないと。

「伊良部シリーズ」は以下の2冊もオススメ。


空中ブランコ (文春文庫)空中ブランコ (文春文庫)
(2008/01/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


町長選挙 (文春文庫)町長選挙 (文春文庫)
(2009/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


さようなら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>鍵コメさん
ええ、業務命令でしたから。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。