スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泳ぎを始めるモチベーションを上げる本(その1)

さて、前回の記事で「トライアスロン挑戦」を大々的にぶちまけたら、思ったよりも多くの反響が来てしまい、「あ~、やっちまったよ俺…orz」と軽く自己嫌悪に落ちているごしでございます。

まあ、でも、プールなんてここ数年入ったことなかったし、マンネリ化しつつあるこのブログにちょっとした刺激を入れるのもいいかなあと思ったりして。
冬自転車をやらん私としては、この時期、どうしてもブログネタがなくなってしまうので、しばらくスイミングネタでお茶を濁すことにする。

ということで、プール通いのモチベーションを上げるための本を2冊紹介したいと思います。

・「ワセダ三畳青春記」高野秀行さん
ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)
(2003/10/17)
高野 秀行

商品詳細を見る


この本の中で「プールへ行こう!」という項目があるのだが、これが全くバカバカしくて面白い。
何がバカバカしいかと言うと、まず筆者はプールを銭湯代わりに使っているところである。
銭湯代385円に比べたら、プール代の250円はリーズナブルだと。
なるほど、そういう発想があったか!
確かに私の住んでいる岩見沢でも、近場の温泉に行ったら500円以上取られるが、プールは470円だ。
でもって、大体私はトレーニングをした後に温泉に行くのをならわしとしているので、それだったら、プールで運動しながら体をきれいにした方が合理的かつ経済的ではないかと、目からウロコが落ちる思いだったのだ。
そうか、そうか、高い高いと思っていたプールの使用料も風呂代だと思えばいいわけか。

そんでもって高野さん、最初は10mぐらいしか泳げなかったのに、プール通いをしているうちに半年後に何キロも泳げるようになっているだと!
そうか、そうか、水泳って誰かに習わないとできないものだと思っていたのだが、我流でもそこまで進歩できるのか。
これは来年の東川挑戦(8月)に向けて、勇気の出るお言葉だ。
私も通いまくって何とか1.5km泳げるようになっておこう。

でもって、最後には区民水泳大会に出るまで成長していった高野さんであったが、オチは是非一度本を手に取って確認してください。
私が今までに読んできた高野さん本の中でも、これがずば抜けて好きです。
(と言うか、この本以外は全部ブックオフに売った)

そんなわけで、「泳ぎの練習をする」と思うと辛く感じるので「ちょっとひとっ風呂浴びるか」ぐらいの感じで、来月からプール通いをしようと思います。

2冊目については、また明日。

さようなら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

塩素消毒もできていいですね・・・・って違う!!

ん~。プールの後のシャワーって、石鹸使用禁止だから、私の場合、キシキシした体を結局家のシャワーで洗いなおすとかしちゃうんですよねぇ。

12/1、プールに行きます!

ぐぬぬ、プールデビュー、先を越されたようですね。
私はまず水泳帽と水中メガネをゲットすることから始めなくては…。
共に来年の東川に向けて頑張りましょう!

実はわたくし、元水泳部。泳ぎは道産子のみなさんよりかなり達者なはずです。いつかトライアスロンも出てみ経ったり、、、するんですよね。参考とさせて頂きますので引き続きこのシリーズ期待してます。

なんと、Aさんにそんな過去があったとは。
意外でした。
とりあえず有言実行せざるを得ない状況になってしまったようですので、まずは50m連続で泳げることを目標にしていきます。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。