スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独の利根別自然原生林(その2)

その1

※ 今回の内容は、前回以上にディープな内容です。人によっては笑えなく感じるところもあるかもしれませんが、ほら、そこは自分の中で脚色してる部分もあるので、あまり真剣に受け止めないでください。


散歩の前半は一眼レフ抱えた、いかにも「植物オタク」って感じの人数人とすれ違っていたが、木々は徐々に密度を増していき、人の気配も全くなくなってきた。
そんでもって、銃声っぽい音が聞こえてきた。
私は猟に関する知識は全くないのでよくわからんが、この辺は猟銃OKの区域なのかしらん。
というか、ワシ、熊と間違えられて撃たれないかしら。
いや、撃たれたら撃たれたで、ハイそれまでよなんだが、私はそういう新聞に掲載されるような派手な死に方はしたくない。
できれば、ひっそりとアパートの中で一週間ぐらい経って、ようやく発見されたって感じの死に方をしたい。
(いや、それも新聞に載るって)

道はどんどん狭くなっていき、途中、デカイ水たまりもあったりして、上りの傾斜も急になっていく。
MTBだったら、かつぎ入れなきゃ無理だなって感じの道である。
(しつこいようですが、ここはMTB禁止です)

P1040774.jpg


P1040777.jpg

風はそんなにない。
天気はよかったが、森の中なので日差しはほとんど感じない。
うーん、ちょっと暗いなあ。
でもって、道が狭く気に囲まれているので、閉塞感を感じる。
う、狭い、狭いぞ、これは。

暗い、狭い、暗い、狭い……

わーん、くらいよー、せまいよー、こわいよー

「お前は面堂終太郎か」と、一定の年齢以上の人でなければわからないレトロ漫画ネタを入れながら、私はこの場所を力の限り怖がり始めていた。
こうなると、もうダメだ。
そんなに体力的には疲れていないのに、足はフラフラになり、呼吸は荒くなっていく。
ゼーゼー、ハーハー。
この閉塞的空間はどこまで続くんだ?

そのうち、木に口がついていて「バーカバーカ」と罵られているような妄想に駆られてきた。
足元にまとわりつく枯葉は、実は蛇なんじゃないかと思うぐらい恐ろしいものに感じてきた。

ああ、森全体が俺をバカにしている。

「こんなところでひとりで何やってるの?」と枯葉がささやきかけている。

P1040778.jpg

ぐ、キツイ。
頭が割れそうなほどグラングランな状態だ。
いかん、こんなところにいたら、俺はキ○ガイになる。
気が狂う、狂う、狂う……(((((└(:D」┌)┘)))))))

出口、出口はどこなんだ。
道自体は迷いようのない一本道なのだが、巨大迷路に迷い込んで出口が見えないぐらいの行き詰まり感だ。
おい、勇気を出せ!俺。
こんな森で怖がっていたら、富士の樹海で自○なんてできないぞ(しないって)。

私はこの段階でトレランを趣味にすることは諦めた。
ついでに、歩くスキーやスノーシューなんかもやらないぞ。
私が森林恐怖症だったとは、自分でも全く気がつかなかった。
これは新しい発見として、自分史の一ページに残るぐらいの歴史的出来事であったのだ。
恐るべし、孤独の森林。

で、2時間ぐらい歩いたでしょうか。
ようやく展望が開けるところにたどり着きました。

P1040779.jpg

このときの安堵感は筆舌に尽くしがたい。
森の見えない平野って、なんて素晴らしいのかと思った。
平野とは癒しであり、安らぎであり、エクスタシーなのである。

どうやらスキー場にたどり着いたようです。

P1040780.jpg

一応、今来たところを戻って帰るという選択肢もあったし、その方が圧倒的に近いんだけど、「もう森はイヤだ」状態になっている私は、このままスキー場を駆け下りて、普通の道路を歩いて帰るという選択肢をとることにした。

スキー場を勢いよく駆け下りたかったのだが、秋のスキー場は草がボーボーで、めちゃくちゃ歩きにくいということを学習した。

P1040782.jpg


そうか、雪のないスキー場ってこういう感じなのか。
またひとつおりこうになったぞ。
(というか、雪のないスキー場を駆け下りるバカになったという見方もできるが)

スキー場から脱出して、一般道路に出た私は「ようやく五体満足で生きて帰れる」と安堵し、「そう言えば、ここバスが通っているからバスで帰るという選択肢もありだな」と思ったら、無情にも私の目の前をバスは通り過ぎ、次のバスまで2時間ぐらい待たなければならず、やってられなかったのだった。

そんなわけで、仕方がないので原生林の駐車場まで、日が暮れて真っ暗になった中を7kmぐらい歩き、今回の大冒険は幕を閉じたのであった。

「ああ、せっかくの日曜日を無駄に使ってしまったな」と虚無感にひたり、また、是非、こういうブログネタになるような無駄な冒険をコツコツと積み重ね、自分で勝手にパニックに陥って、自己解決することによって人間的に大いに成長していきたい。
さういうものに わたしはなりたい

さようなら。

(このシリーズ終わり)

歩行距離 12kmぐらい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

味わい深い

この森の表現は新しいなぁ・・・と思いつつ拍手をポチリ。

拍手ありがとうございます。

あのですね、森は怖いんですよ。
もう××が○○して△△で、もうわけがわからないですが、とりあえず言えることはMTBで山サイは間違いなくやらないだろうということです。

うわあ、これは孤独のテレマークはまちがいなくないなあ。

冬の森は夏の256倍くらい怖い。。。

冬になると、引きこもりランナーになるので、ブログネタがなくなってしまうのが悩みなのですよね。
そんな体育館を何周走ったとか、ベルトコンベアの上を1時間走ったなんてこと書いても面白くも何ともないですし。

でもって、雪上自転車と言われるスノースクートも1回で挫折しましたし。

何か冬でブログのネタになるような、いい趣味はないものでしょうか?
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。