スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013北海道マラソン参加記(その6)

その1 その2 その3 その4 その5

長ーい新川通が終わって、西野屯田通に入りました。
この辺りになると多分雨は止んでいたのかな?
なんせ、もう2週間以上前のことなんで、すっかり忘れちまったよ。
んなわけで、覚えている範囲でササッとゴールまでの道のりを書いていきますよ。

どうも、西野屯田通に入った瞬間、膝が「ビキっ」となったような気がしてだね。
とりあえず痛くはないんだけど、これは痛くなりそうだなあという根拠のない予感がして、一気にペースを緩めてしまったのだね。
で、ちょっと足を引きずるように走っているうちに、やっぱそれって不自然な走り方だから、本当に膝が痛くなってきて、あー、やばいなー、完走は余裕だが4時間半ぐらいまでタイム落ちちゃうかなと。
緑のTシャツを着た「ハイタッチ軍団」がいたので、ハイタッチをしてもらい元気を分けてもらいます。
どこでもドアはないけど、ドラえもん、もうちょっと頑張るわ。

32km過ぎから、1キロあたりのタイムが6分超えるようになってきましたね。
まあ、30km以上も走ったんだからペースも落ちて当然だよな。
いやあ、ここまでよくやったよ自分。

なんて、全力を出し切っているわけでもないのに、妙に自分を甘やかしたりして。
全力は出せんが、とりあえず沿道の応援にはきちんと応えよう。
給水のボランティアにはきちんとありがとうを言おう。
紙コップは所定の位置に捨てよう。
「ゴミ箱が全然足りない」という声も多かったようだが、そんなものは言い訳であって、紙コップぐらい所定のゴミ捨て場まで持って走らんかと。

所詮、こんなことは自己満足だってことはわかってるが、俺はそうしたいからそうするだけさ。
にしても膝が痛いなあ。
あ、そうだ!
俺、こんなときのために痛み止めをランパンのポケットに入れていたんだ。
ここで使わんでいつ使うんだ。

んなわけで、錠剤の痛み止めを飲みます。

ちっとも効かん!

って、当たり前だな。
もうちょい時間おかんとな。

新琴似一番通に入っても、ペースはさっぱり上がりません。
何とかキロ6分30秒を超えない程度で。
それでも、このペースなら完走は間違いない。
泣いても笑っても、もう10kmを切ったんだ。
もうちょっと、この北海道マラソンを楽しもうではないか。

35km地点通過。
ここまで3時間32分16秒。5キロのラップが31分05秒。
もういっぱいいっぱいかな。

新琴似一番通から、再び琴似栄町通に入ります。
ここでゆるい尿意を催してきましたね。
どうしても小便がしたいってわけでもないのだが、痛いし疲れたし、ちょっと休みたいなと。

ガソリンスタンドのトイレを使わせていただきます。
そこそこ並んでいて、ロスタイムは3分ぐらい。
うーむ、ちょっと休みすぎたかな。
よし、また走ろう。

ん?

んん?


お、体が軽い!膝が痛くない!


休憩で固くなった筋肉がほぐれたのがよかったのか、34km地点ぐらいで飲んだ痛み止めがようやく効いてきたのかはわからないが、とにかく痛くないことは重要だ。
疲れているが、これならもうちょっとスピードを上げても大丈夫だ。

お、再び1キロ6分underペースに戻った。
うん、これなら行ける、もうちょい頑張るべ。
武蔵女子短大の皆さんも、私のために「ドラえもーん」と応援しているのだ。
体が壊れない程度に全力を出そうではないか。

北大構内に入ります。
ペースはどんどん上がります。
行ける!
これは道マラ自己ベスト行ける。
やはり、こういう大会は速い遅いは別にして、100%全力の力で走ることが大事だ。

北大のメインストリートをぐんぐん行きます。
集中している。
今日一番集中している。
どうして、新川通過ぎたところで、一度集中力が切れたんだと後悔の念もあったが、今はとにかくゴールまで全力で行くことが大切だ。

今年も北大構内で「ごしファミリー」の応援を受ける。
小学校の運動会の徒競走では6年連続ぶっちぎり最下位という、悲惨な運動神経の持ち主の私であったが、なんとか30年ぐらい経って、北海道マラソンを走れるように頑張ることができたよ。
小学校の運動会でみったくない姿しか見せることができなかったけど、この借りを10倍にして返してやるぜ!

ちなみに北大構内にはyosiさん、しぃさんもいらっしゃったようですが、見つけることはできませんでした。
というか、すごくこのときは走りに集中していて沿道を見る余裕がなかったような気がする。

40km地点到達。
ここまで4時間4分14秒。5kmのラップタイムは31分58秒。
タイム的にはイマイチだが、うち3分ぐらいはトイレ休憩ということを考えると、むしろペースは上がっている。

北大構内を抜けた。
もうすぐだ。

ヨドバシカメラがある。
道庁赤レンガがある。

沿道の人垣は増えている。
「ドラえもんコール」が大きくなる。
気持ちいい、最高に気持ちいい。
あと1kmちょっとで終わるのか。
何だかもったいないような気もするが、でもやっぱり早くゴールしてラクになりたいね。

いよいよ最後の直線に入ります。

場内アナウンスが聞こえる。

「ドラえもん、ドラえもんがやってきました!しかし、サングラスをかけています。こんなドラえもんでいいのか?」




よくねーよ。


真のドラえもんへの道は遠い。
別に真のドラえもんになったところで、のび太くんのお守りなどまっぴらごめんのわけだが。

ドラえもんへの道は遠いが、北海道マラソンのゴールはもうすぐだ。

あと300m、200m、100m……。


ゴール!


ゴールタイム4時間15分13秒。

去年の北海道マラソン終了後から続けてきたトレーニングの目標は果たされた。
しかし、来年の北海道マラソンへのトレーニングはすでに始まっているのだ。
時には真剣に記録を目指して走ったり、ときには大仏のかぶりものをしたりしながら、また、来年に向けてボチボチやっていきます。

(参加記おわり。次回は反省会)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いやー、エンジョイしてますね。

ところで美瑛は大仏ですか?ドラえもんですか?
それともまさかのニューキャラクター?

アンパンマンかトーマスだと、うちの息子が喜ぶと思いますので、よろしくお願いします(笑)

非常に残念でありますが、美瑛は仮装は完全封印して走りに徹したいと思います。

色々事情がありまして、目立つわけにはいかないのですよ。

さりげなーく、普通に参加して、普通に誰にも見つからないように帰りたいと思っていますので、あしからず。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。