スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトラインバイシクル

MTBを買うと決めたら、問題は「どこで買うか」ということになる。

一応、岩見沢にもスポーツサイクルを扱っているショップはあります。
地元密着を目指す私としては、そちらでお世話になるという選択肢もあったかもしれないが、ネットとか見ても、評判とかさっぱりわからないので、わからんものには近寄らない方がいいなと、パス。
岩見沢の経済貢献にお役にたてず、申し訳ありません。

で、普段ロードでお世話になっているショップに関しては、特に不満もなく、MTBもここで買ってもいいかなとは思ったのだが、どうしても気になるお店があったのですよね。

そのショップは「ホワイトラインバイシクル

masaさんのブログで絶賛されていましたし、hanaさんもここでMTBを購入されましたし、他にもP^^さんやおかず汁粉さんとかも「常連」として通われているショップということで、どんなところか一度行ってみたかったのですよ。

ただ、ホワイトラインバイシクルさん、定休日は水木ということで、これは木日休みの私にとってはちょっと行きづらい。
行くなら日曜しかないなと。

そんなわけで、深川のセンチュリーの日、行くならこの日しかないということで、大会終了後、眠い目をこすりながら車走らせましたよ。


ああ、知らない店に入るのはドキドキする。
ちなみに、私は一人で知らない店に外食に行けない人だったりする。

IMAG0590.jpg

勇気を振り絞って中に入ると、さすがに人気のショップだけあって、店長の林さんは接客で忙しそうだった。
仕方がないので、自転車を見たり、小物を見たりウロウロ。
おしゃれな感じのキレイなショップでしたね。

で、食い入るような目で自転車を物色していた私に、接客を終えた林さんが声をかけてくださった。
会話のきっかけをつかんだ私は、ここで一気に
「すいません29erのMTBが欲しいんです。私、美瑛のmasaさんと知り合いです。P^^さんともよく会います」
とまくし立てる。

となると、話は早い。
「ああ、P^^さんと一緒に野幌とか行きたいんですね」
と、会話はスムーズに進み、おすすめのMTBを紹介してくださった。

大体、こういうスポーツ自転車を扱っているショップって、高い自転車を勧めたがる傾向があるが、勧められたのは「これで十分走りますよ」というエントリーモデルのもの(WAHOOMARLINですね。ここは取り扱いメーカーはTREK一択です)。
「実は私もMARLINで走っています」と。

なんかパーツを見ると、ロードバイク乗り的には「テクトロ」とか「スラム」とか、大丈夫かこれ?と、ちょっと思ったりしたわけだが、林店長の言うことには間違いがない。
これは絶対的正義であって、不変の真理なのである。
ブレーキなんて、乗り手さえしっかりしてればテクトロで十分なのだ。
そうだ、テクトロこそブレーキの王道なのだ。

「じゃあ、サイズはどうしましょう?」と。
ここで、今まで行ったことがあるショップだったら、カタログのサイズ表を見せて、「お客さんの身長だったら、このサイズですね」で終わっていたのだが、ここはそれでは終わらない。

何種類かのサイズの自転車に実際にまたがらせ
「お客さんだと、トップチューブの長さはこれで十分ですけど、スロービングが小さいので、山に行ったりするとこれだと大変ですね。少し小さいのにしますか?」
「あ、でも、これもそんなに変わらないですね。いやあ、どうしよう、悩みますねえ」
などと、当の私よりも真剣にサイズのことを考えてくださっている。
す、すげえよ、俺、感動したよ。

で、私が以前、堂城さんの講習を受けたことがあるという話をしたら、更に林店長の熱心な説明がヒートアップしていきます(林店長は「やまめポジション」に精通されている方です)。
店舗前で、林店長が実際にパイクにまたがって、プチ自転車講座が始まりました。
いや、ホント、目からウロコがこぼれまくりでしたね。
なぜ、ロードバイクは下り坂で下ハンを握るより、ブラケットポジションの方が危険なのか。
なぜ、ハンドルを持つとき、手首を返してはいけないのか。
などなど理論づけて説明してくださいました。
いや、ホント、この説明だけにお金を払ってもいいと思ったぐらいです。

で、肝心のサイズですが、身長169cmの私はTREKのサイズ表だと17.5インチが適正サイズとなるのですが、それよりワンサイズ大きい19インチに。
実際ローラー台に乗せていただいて、くるくる回した感じでは、特にハンドルの位置が遠く感じることもなく、ピッタリでしたね。
サドルに座ったままで足を下ろせるようになれば、トップチューブにまたがる必要はないので、スロービングの小ささは関係ないと。
まあ、そうですわね。

そんなわけで、ほぼ即決です。
来店した翌日に、注文のメールを入れさせていただき、現在に至っているわけです。

自転車屋さんは、自転車を売るだけとは思っていませんか?

ホワイトラインバイシクルさんは違います。

自転車と一緒に、自転車の乗り方、楽しみ方も一緒に買うことができるのです。

これで自転車分の料金しか取られないわけだから、安い買い物です。
定価の倍とまでは行かなくても、2割増しの値段は払う価値はあると思いました。

林店長、ありがとうございました、これからもお世話になります!

IMAG0604.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。