スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまめの座学 in ホワイトラインバイシクル

そんなわけで、行ってまいりました「やまめの座学」。

今回の講義は、「やまめの教科書」の復習的なものあり、教科書には載っていない新理論ありなど、もりだくさんの内容で、私も全く消化しきれておりません。

講義終了後、堂城さんより、サインをいただきました。

P1040404.jpg

「前へ」、いい言葉ではありませんか。
もちろんポジション的に「もっと前へ重心をかけろ」という意味もあるのでしょうが、色々な意味で「前へ」と私の自転車ライフを進めていきたいと思います。
堂城さん、本当にありがとうございました。

うろ覚えの知識で、間違ったことを書くのはあれなので、以下、自分への覚書のつもりで、印象に残ったことだけを書いていきます(もし、座学に参加された方で「ここは違う」というところがあれば、ご指摘お願いします)。

・「重心」だけではなく「軸」も大事(「軸」が今回の講義のキーワードと思います)。
・足の小指側には体重を乗せない。基本は「両足の拇指球」に体重がかかっている状態。
・「軸」がしっかりしていないと、片足の体重は小指側に乗ってしまう。
・前足の指を丸めると、前足で踏ん張る形になるので、後足の荷重が抜けない。
・前に重心を置くというよりも、後ろの荷重を抜くことを心がけるといいかも。
・勢いをつけて加速するためには、「1時7時」のペダル位置で、一瞬腰を浮かせて一気にペダルに体重を乗せるだけでOK。ひと漕ぎだけで勢いはつく。
・頭は常に一定の位置で。頭がずれると、「軸」はずれる。
・足裏を感じるにはクロックスでランニングをしよう。

言葉だけでは「何のこっちゃ?」と思いますが、これが実践できると、きちんと自転車に乗れること間違いないと思います。
あくまで実践できればの話ですが(^_^;)。

去年の座学よりも更に一歩進んだ内容になっていて、非常に濃密な時間を過ごさせていただきました。
ホント、1時間ちょっとぐらいしかまだ経ってないだろうと思ったら、え、3時間も経ってたの?って感じです。
休みさえ取れれば、7月の「MTBの学校」で更に鍛えていただきたいのですが、こればっかりは仕方ありませんので、今回の講義をしっかり頭に入れて、ひとりコソ練に励みます。


講義前に柔軟性チェックをやったわけですが、硬派で鳴らしている私は相変わらず最低ランクでしたね。
堂城さんの自転車の乗り方は「柔よく剛を制す」。
今日から本気でストレッチに励み、ナメクジのような軟体動物になることを目指します。
(と、確か前回「やまめの学校」を受講したときも思ったはずだ)

P1040405.jpg


自転車の乗り方の講義としてもよかったのは言うまでもありませんが、生涯スポーツを楽しもうという「健康セミナー」としての側面もまたよかったですね。
いつも堂城さんがおっしゃっていることですが

「自転車だけでは足腰が弱るよ。他のスポーツもやりなさい」

ランニングとかと違って、地面に対する負荷がかからないので、自転車では足の筋力はつかないというのが堂城さんの持論です。

年を取ってからも、長く健康的に自転車に乗るためには、色々なスポーツをたしなみ、バランスよく鍛えていくことが必要なようです。
基本の「歩く」「走る」がしっかりできないと、自転車も「きちんと」乗れないよということですね。

講義の中で、ノルディックウォーキングについて紹介されていましたが、あれ、いきなりポール持たされると、同側の手足が同時に前に出る「ロボット歩き」になって、なかなか面白いですw。
ポール持って歩くだけだと思ったら、意外とできなかったりするのね。
ノルディックウォーキングは上半身も鍛えられるし、膝も壊しにくいしで、ひょっとしたらランよりもいいかもしれないなあ。
そんなに金もかからなさそうだし、ポール買ってみようかしら。
岩見沢には「利根別自然公園」という、歩くのにはいいフィールドもあることだし。
(ちなみにここは「MTB禁止」です)


ま、そんなこんなで、今回の講義の内容を活かして、今度の日曜の「TOUR OF KAMUI ルスツ大会」は、なんとか完走していきたいと思います。

最後になりましたが、堂城さん、ホワイトラインバイシクルの林店長と暁子さん、このような素晴らしい講義をセッティングしてくださってありがとうございました。
また、美瑛センチュリーライドのときに、今より成長した姿でお会いできればと思います。
スポンサーサイト

基本は1時7時だそうです

最近、何かに取り付かれたように自転車のポジションのことばかりを考えている。
寝ても覚めても、特に坂を上るときのポジションをどうすればいいかということから頭が離れない。
私は病気なのかもしれない。

そんなとき「自転車の教科書」をバイブルにして、心を落ち着けるのであった。


自転車の教科書自転車の教科書
(2013/03/28)
堂城 賢

商品詳細を見る


この宗教によると、「1時7時のペダリング」が重要らしい。

1-7.jpg

要は、上のイラストのように、「前足が1時の位置」「後足が7時の位置」のときにクランクが自然に回り、二本の足が「夢の永久機関」となって、いつまでも足が回り続けるとのことです。
詳しいことを書くと、ものすごく長くなるので、興味のある方は本を読んでみてください。

で、1時7時のペダル位置が「ホームポジション」のわけですから、停まっているときも「1時7時の位置」でクランクが止まっていないとおかしいわけです。
これはもう不変の真理。
太陽が東から昇るのと同じぐらいの絶対的なことである。

そういう観点から、私が自転車を降りたときのクランク位置をチェックしてみました。

中には「1時7時」に近い位置で止まっているものもあるのだが。
ほとんどがこんな感じ。

5-11.jpg

見事な「11時5時」スタイルと、「1時7時」とは正反対。
ああ、これじゃあダメだよなと。
特に上りで自転車を停めているときの写真はほぼ100%この位置。
うすうす感じてはいたが、こうやって画像で示されると、あ、オレ間違っていたんだなあとしみじみ。
どうりでペダルがストンと落ちないで、めちゃくちゃしんどくなるわけだ。

それじゃあ、どうやったら「1時7時」のホームポジションをキープすることができるのだろうか?
それを考えると、何かに取り付かれたように、自転車のポジションのことで頭がいっぱいになり、結局、堂々巡りになるのであった。

やはり私は病気なのである。
プロフィール

ごし

Author:ごし
泳いで漕いで走る人を目指します。
ベイスターズが好きです。
コメントフリーリンクフリーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。